エンジニアブックレット

ITmediaについて

Top Story

icon
マクラーレン・オートモーティブ チーフテストドライバー インタビュー:

自動車を開発する上で重要な役割を果たすテストドライバーだが、スーパーカーメーカーのマクラーレン・オートモーティブではどうなのか。同社のチーフテストドライバーを務めるクリス・グッドウィン氏に話を聞いた。

2014年10月31日)

最新記事一覧

news023.jpg
CAEイベントリポート:

スパコンが登場してから40年間、計算能力は順調に「10年に1000倍」の速度で向上し続けてきた。だがこの伸びは2020年には近い将来に止まるという。その時CFDでは何ができるだろうか。東京大学 生産技術研究所の加藤千幸氏が講演した。

2014年10月31日)
news003.jpg
いまさら聞けない 「アメーバ経営」入門(3):

「アメーバ経営」を製造業の運営にどう当てはめるかという手法と事例を解説する本連載。最終回となる今回は、アメーバ経営を導入して大きな変化を実現したJAL整備工場の事例を紹介する。

2014年10月31日)
news017.jpg
3次元って、面白っ! 〜操さんの3次元CAD考〜(39):

外部の3D出力サービスに、製品設計のデータをそんなにガンガンアップして、本当に大丈夫なの? 僕は正直、ちょっと怖いです。

2014年10月31日)
news154.jpg
製造マネジメントニュース:

ソニーは2015年3月期(2014年度)第2四半期の決算発表を行った。構造改革の成果などにより、テレビ事業やゲーム事業の収益性回復が進む一方で、新たな課題として浮上したスマートフォンをはじめとするモバイル事業では苦戦が続き、先行きが見えない状況が続いている。

2014年10月31日)
news152.jpg
ビジネスニュース 企業動向:

パナソニックは2014年10月31日、2014年度(2015年3月期)の業績見通しを上方修正し、中期計画で2015年達成を目指していた営業利益3500億円を、1年前倒して今年度に達成する見通しとなったと公表した。2015年度からは「成長に向けた戦略投資を行う」(社長 津賀一宏氏)と構造改革から成長戦略へ軸足を移すことを明言した。

2014年10月31日)
news138.jpg
組み込み開発ニュース:

ABBALabは2014年10月31日、IoT(Internet of things)デバイスの試作やクラウドファンディングでの資金調達を目指すチームや個人を支援する「ABBALab Farm Program」を開始した。

2014年10月31日)
news124.jpg
ドライビングの専用トレーニングプログラムも提供:

McLaren Automotiveが「McLaren P1」をベースとするサーキット専用車「McLaren P1 GTR」のコンセプトカーを日本で初公開。McLaren P1のオーナーのみに販売され、購入者には実際のF1で走行するためのトレーニングなど、さまざまなプログラムが提供される。

2014年10月31日)
news120.jpg
シビックじゃありません:

ホンダは2014年12月1日に発売する新型ハイブリッドセダン「GRACE(グレイス)」に関する情報をWebサイトで先行公開した。

2014年10月31日)
news106.jpg
ET2014 開催直前情報:

2014年11月19〜21日の3日間、パシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2014/組込み総合技術展」において、日立ソリューションズは日立グループで培ったノウハウを基に「組み込み技術とIT技術の融合」をテーマとした「組合せの妙」を披露する。

2014年10月31日)
news041.jpg
CerevoやABBAlabも協力:

DMM.comは富士ソフト秋葉原ビル内に、モノづくりに取り組むベンチャー企業の支援を目的とした施設「DMM.make AKIBA」を開設すると発表。製品の試作や開発、各種耐久試験に必要な総額約5億円の機材を備えており、シェアオフィスの運営やコンサルティングも行っていくという。

2014年10月31日)
news066.jpg
JIMTOF2014:

NTNは「第27回日本国際工作機械見本市(JIMTOF 2014)」において、独自機構を採用したパラレルリンクロボットを公開した。同社では既に同機構の販売を行っているが、今後はパラレルリンクロボットのシステムとしての販売も進めていく方針だ。

2014年10月31日)
news046.jpg
FA メルマガ 編集後記:

人間の力は無限なのかもしれない。

2014年10月31日)

Features

あったらいいなをカタチに:

多くの人が満足するモノはもちろんのこと、自分だけが得する(!?)モノでも構いません。便利で面白いグッズや既製品をアップグレードできてしまうようなパーツなど、オリジナリティあふれる作品をお待ちしております!

news149.jpg
3Dプリンタニュース:

サイバネットシステムは、医用画像向けソフトウェア「Expert INTAGE(エキスパートインテージ)」と「Prime INTAGE(プライムインテージ)」の販売開始を発表した。

2014年10月30日)
news137.jpg
JIMTOF2014 基調講演:

工作機械と関連製品/技術の展示会「第27回日本国際工作機械見本市(JIMTOF 2014)」の基調講演として東京大学 生産技術研究所 教授の新野俊樹氏が登壇。「Additive Manufacturingを核にした新しいモノづくり――3Dプリンタの未来像」をテーマに付加製造技術の発展の歴史と今後の課題について語った。

2014年10月30日)
news136.jpg
電気自動車:

日産自動車は2014年10月30日、同日から国内販売を始める電気自動車(EV)の商用車「e-NV200」の出荷式を追浜工場(神奈川県横須賀市)で行ったと発表した。

2014年10月30日)
news128.jpg
メカ設計ニュース:

パナソニックは、大阪市の大阪新美術館建設準備室、京都工芸繊維大学と連携して、日本の戦後工業デザインの再評価と、関連する情報の活用の促進を目的とする「インダストリアルデザイン・アーカイブス研究プロジェクト」を発足する。

2014年10月30日)
news104.jpg
JIMTOF2014:

碌々産業と由紀精密が共同開発したデスクトップ型の超小型高精度CNC(コンピュータ数値制御)工作機械の新ブランド「VISAI」が始動し、「第27回日本国際工作機械見本市(JIMTOF 2014)」で実機が公開された。

2014年10月30日)
news088.jpg
エコカー技術:

マツダは、2014年9月11日に受注を開始した新型「デミオ」の累計受注台数が、1カ月半経過した同年10月26日時点で1万9233台になったと発表した。これは、新型デミオの月間販売目標台数である5000台に対して2.5倍以上のペースだ。

2014年10月30日)
news031.jpg
モノづくり総合版メルマガ 編集後記:

3Dプリンタは職人の仕事を奪うのか?

2014年10月30日)
news067.jpg
電子工作“超”入門(1):

この連載は簡単なポータブルアンプの製作を通じて、抵抗やコンデンサの読み方といった、初歩的な電子回路についての知識を学び、電子回路に親しんでもらうのが目的です。今回は「電子回路の読み方」を見てみましょう。

2014年10月30日)
news027.jpg
3Dプリンタレビュー:

記者が自宅で3Dプリント&スキャンに初チャレンジ! 以前、モデラボBLOGで紹介した“妊婦さんフィギュア”を増やしてみた。

2014年10月30日)
news041.jpg
車載電子部品:

TDKは、150℃までの使用温度範囲を持つ車載対応の温度補償用積層セラミックコンデンサ「CGAシリーズ」のラインアップを拡充する。従来は、定格電圧が50Vと100V、静電容量が100p〜100nFの約200品種だったが、定格電圧を250V、450V、630Vまで引き上げるとともに、静電容量も220nFまで高めるなどして約280品種に増やした。

2014年10月30日)
news043.jpg
バットマンもおすすめ:

トヨタ自動車が5ナンバークラスの新型ミニバン「ESQUIRE(エスクァイア)」を発表。同社のミニバン「ノア」や「ヴォクシー」とは一線を画す、高級感を押し出した「新上級コンパクトキャブワゴン」として、国内市場における新たなニーズの獲得を目指す。

2014年10月30日)
news052.jpg
電気自動車:

General Motors(GM)が2015年下期の発売を予定しているプラグインハイブリッド車「Chevrolet Volt(シボレー・ボルト)」は、EV走行距離を伸ばすために、リチウムイオン電池パックの容量増加ではなく、軽量化を重視した。

2014年10月30日)
news044.jpg
FAニュース:

アマダとDMG森精機は、アマダの100%子会社であるアマダマシンツールの旋盤事業をDMG森精機に譲渡することを発表した。

2014年10月30日)
news047.jpg
FAニュース:

横形マシニングセンタ「FH630SX-i」用の新機能として、「リアルタイム熱変位補正機能」と対話プログラミングシステム「TAPROS-i」を追加。熱変位を低減し、加工プログラミングの作成が簡単になる。

2014年10月30日)
news026.jpg
提供開始から2年:

「Cyclone V SoC」で2012年よりSoC FPAGの供給を開始したアルテラ。わずか2年足らずではあるが、日本国内においても多くの企業に利用されている。14nmプロセス「Stratix 10」のテープアウトを控えるが、サポートや周辺環境の整備にも注力する考えだ。

2014年10月30日)