2つ独自アルゴリズムを採用

低コストでFPGAにも搭載可能な描画処理IPコア

2009/2/10

- PR -

 三菱電機は2009年2月10日、高画質かつ素早い操作性が求められる組み込み表示機器向けに、独自のアルゴリズムを採用したGUI描画処理IPコア(Intellectual Property Core)を開発したと発表した。多くの人が利用できる簡単操作と、必要な情報がすぐに分かる高速処理を実現するという。

 今回採用した独自のアルゴリズムは、Adobeなどで採用されている文字表示アルゴリズム“Saffron(サフロン)”と、高速描画アルゴリズム“Sesamicro(セサミクロ)”の2種類。

 Saffronを採用したことで、66MHzほどの低能力CPUでも毎秒8万文字(1文字サイズ48×48画素の場合)の高速描画を可能にした。また、メモリ容量を約4分の1に削減できるストロークフォントにも対応している。

 Sesamicroは、解像度の見合った画質を表現する方式(ベクターグラフィックス)を高速に処理するため、CPUに負担をかけずに、高速な描画処理ができる。動作周波数が数10MHzのCPUを搭載した組み込み機器でも、2GHzの汎用CPUを用いたパソコンと同等の高速処理が可能だという。

写真 開発したIPコアを用いた表示デモンストレーション
SaffronとSesamicroをFPGA(Xilinx Sprtan3)へ実装した

 また開発したIPコアは、小型の演算回路を用いてたことで最小100kゲートの小型回路を実現。FPGAや組み込み機器用のカスタムLSIへ低コストで搭載できる。今後、電車内の表示機器や車載表示機器、AV機器など、幅広い分野での適用が期待される。

  • ニューストップ
  • MONOistトップ

関連リンク

(@IT MONOist編集部 上口翔子)

スキルアップ/キャリアアップ(JOB@IT)

スポンサーからのお知らせ

- PR -
@IT Sepcial

@IT MONOist 求人情報

- PR -