連載
» 2007年08月01日 12時00分 UPDATE

デキるエンジニアのCAD設計(1):機械設計って、どんなことをするの? (2/3)

[山田 学,ラブノーツ/六自由度技術士事務所]

暗中模索な設計、ハジマル

 ある日のこと。

   「おい、今日からこの製品のユニットを担当してもらうから……」

   「はぁ……」

   「取りあえず、製品仕様書でも読んで、すぐに設計に取り掛かってくれるか……」

   「はぁ……」

 ……と、設計のいろはも知らない新人設計者にも、遅かれ早かれ、メイン設計担当を任される日がやって来ます。

 何から仕事を始めていいのかも分からず、仕方なしに過去の設計図をまねして見よう見まねで設計を始めることになります。これは、暗闇の中で足元だけを見つめて設計を進めることを意味します。この先遭遇するであろうイレギュラーな場面に対応できなくなることは明白です。

 つまり、目先だけを見て製品開発をしていたのでは、急な仕様変更やデザインレビュー(設計審査)による構造のやり直しなど突発の事態に対応できません。

 忙しい業務の中で、製品開発がどのように流れ、他部門とどのようにかかわりを持たなければいけないかを理解しなければいけません。この業務の流れを体系化したものが「品質保障体系図」と呼ばれ、ISO9001※を取得している企業には必ず存在する「黄門様の印籠」です。

キーワード:ISO9001
ISO9000シリーズとは、ISO(国際標準化機構)で制定した品質マネジメントシステムの国際規格のことです。ISO9001とISO9002、ISO9003の3つの規格が強制的な要求事項であり、ISO9000とISO9004はガイドライン(指針)であるため、強制的な要求事項ではありません。中でも、ISO9001は、設計・開発・製造・据え付けおよび付帯サービスを含むすべての生産段階で要求事項に適合していることを供給者が保証するものです。これは設計から製造、販売、保守や廃棄までを扱うメーカーに適用されます。このISO9001に基づいて作成した品質保証体系図に従い、製品開発を進めなければいけないのです。

 品質保証体系図とは、ISO9000シリーズに定められる品質システムに従い、製品開発の流れと、開発のステップごとの責任者や必要とする管理文書を明確化したシステムのことです。

 一般的な品質保証体系図を表1に示します。開発のステップごとに関連部門がどのように連携し、ステップ移行会議を経て次のステップに進むことが分かります。

ALT 表1 一般的な品質保証体系図(表をクリックすると拡大します)製品企画から市場に流れるまでの業務の流れ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

【年収1000万以上】人気求人ランキング

半導体開発<自動車用半導体パワーデバイス>

機構設計<新蓄電デバイスモジュール>

機械設計(変圧器)

燃料電池自動車(FCEV、FCV)開発戦略マネージャー

システムエンジニア/TPM<VED>