連載
» 2008年06月18日 00時00分 UPDATE

演習系山田式 機械製図のウソ・ホント(5):バリやカエリも考慮して安全な部品を作る (2/2)

[山田学 ラブノーツ/六自由度技術士事務所,@IT MONOist]
前のページへ 1|2       

次回までの宿題 ― 【問題5】

 今回は「幾何公差の使い方についてのウソ・ホント」です。以下の図面は、金属部品を切削で加工する部品です。幾何公差記入上でどこが誤っているのか指摘してください。ただし、表面性状記号は省略しています。

yk_dradrill05_3.gif

※本部品は製図の解説用に作ったものであり、実際に機能する部品ではありません。

豆知識:幾何公差

寸法公差とは、大きさの最大値と最小値の差のことをいいます。基準寸法を中心としてプラス側とマイナス側に公差を付けた両側公差と、基準寸法から片側(プラス側あるいはマイナス側だけ)に公差を付けた片側公差があります。幾何公差とは、設計者が意図する形状や位置、姿勢、振れなどの誤差をいいます。幾何公差には、寸法公差のようにプラスマイナスという概念はなく、公差値の範囲内を許容するという意味です。



 次回は、問題5の解答を通して、幾何公差記入において勘違いしやすいポイントを解説していきます。(次回に続く)

yk_yamada.jpg

Profile

山田 学(やまだ まなぶ)

1963年生まれ。ラブノーツ代表取締役、技術士(機械部門)。カヤバ工業(現、KYB)自動車技術研究所で電動パワーステアリングの研究開発、グローリー工業(現、グローリー)設計部で銀行向け紙幣処理機の設計などに従事。兵庫県技能検定委員として技能検定(機械プラント製図)の検定試験運営、指導、採点にも携わる。2006年4月、技術者教育専門の六自由度技術士事務所を設立。2007年1月、ラブノーツを設立し、会社法人(株式会社)として技術者教育を行っている。著書に『図面って、どない描くねん!』『読んで調べる 設計製図リストブック』(共に日刊工業新聞社刊)など。



前のページへ 1|2       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

大手メーカー求人・人気ランキング

研究開発<自動運転の研究>

機構設計<車載用・蓄電用リチウムイオン電池モジュール>

制御システム開発<エンジン/モータ・燃料電池/車両/車載電装システム>

クボタ New!

機械設計<農機/建機/エンジン>

京セラ New!

電気回路設計<車載用カメラモジュール>