連載
» 2008年06月25日 00時00分 UPDATE

事例で知るVA・VEのコストダウン手法ABC(3):組み付けるネジ本数を減らしてコストダウン (2/2)

[舩倉 満夫/フナックス・エンジニアリング,@IT MONOist]
前のページへ 1|2       

懲りずにもう1回VAだ!

 部品を一体化させることにより、工数削減および管理品目を削減させ、コストダウンをもっと追求してみましょう!

 複数のステーの位置精度は組み付き先には関係ありません。板金にステー部を作りこんでしまいます。図4の形状なら、タレパン(タレットパンチプレス)で抜いて、曲げ加工をすれば製作できます。

 40本あったネジが一切なくなったうえ、部品点数も1つとなり、工数は大幅削減されてコストダウンされました。

yk_vave03_4.gif 図4 板金加工で一体化する

部品を一体化する

メリット

  1. 板金加工のみで済むため、組み込み工数の削減が図れる
  2. 管理品目が減り、在庫削減および購買管理の削減が図れる

デメリット

  1. 組み込みの際の微調整が不可能
  2. 板金での抜き加工により、プレートに空き部分(穴)ができる(ただしこの場合、裏にプレートを当てて対応してもよい)

 この板金一体化構造について以下のAdobe Flashで説明しました。

こちらから(別窓でAdobe Flashプレイヤーが開きます)

【設計課題6】インロータイプに変更し、2カ所のねじ止め式にする

 図5の筐体は、4カ所のネジ止めによってカバー(オレンジ色)を取り付けるようになっています。

yk_vave03_5.gif 図5 ボックスにカバーをネジ固定する

 まずネジ穴と取り付け穴を目視により合わせてから、次にカバーの位置を合わせ、最後にドライバーでネジ止めします。 しかし、この方法だと1つ1つ位置合わせをしなければならず、作業がはかどりません。ですから、上下左右の位置合わせを1回で完了できるように検討しましょう。

位置決め方法の検討

yk_vave03_6_2.gif 図6 ボックス側にスリットを入れて、カバーの位置決めを行う

 上下左右の位置を合わせるため、ボックス側にスリットを空け、カバー側にはそのスリットに合わせた爪形状を作ります(図6)。この爪をスリットに入れ、なおかつ下方に突き当てることにより、上下左右の位置合わせが一発で可能となります。ネジ止めも2カ所で十分となり、組み込み工数の削減もできます。

 また爪部に逆止めの突起を形成し、引っ掛けて固定する構造(インロー)にすることで、ネジ止めをなくします。これならネジも不要となるし、組み付け作業も楽になります。

 この構造を以下のAdobe Flashで説明しました。

■こちらから(別窓でAdobe Flashプレイヤーが開きます)

今回のポイント:板金加工に関して

  板金加工には、さまざまな加工方法を組み合わせられるという利点があります。コストダウンを行うのに最も適しているのが板金加工ともいわれている理由はここにあります。また、立体形状になればなるほど、板金の特性を生かせます。

 次回は、必要仕様を考慮しながら切削加工から板金加工へVAしていく事例を紹介します。お楽しみに!(次回に続く)

Profile

舩倉 満夫(ふなくら みつお)

製造業に生きて40年、省力化機器製造会社、プレス金型製造会社、半導体製造装置、金型製造会社、ワイヤハーネス用全自動端子圧着機製造会社と経験し、運良く工場内でメンテナンス、機械加工、組み込み、設計、品質管理、生産管理、購買部とものづくりのあらゆる工程を経験。この特異な経験と知識を生かした最適加工および工法により、数々の設計改善・コストダウンを実施してきた。さらにビジネスへと展開するべく、2001年、フナックス・エンジニアリングを設立し、現在に至る。モットーは「仕様に基づいた品質の追求」。



前のページへ 1|2       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.