ニュース
» 2010年09月30日 00時00分 UPDATE

FA、OA、家電、車載などの組み込み機器市場をターゲットに:箱開け30分でスタート! Atom搭載Android開発キット

東京エレクトロン デバイスは、Androidアプリケーション開発者向けにインテル Atomプロセッサを搭載した「Android開発スタータキット」を発表

[八木沢篤,@IT MONOist]

 東京エレクトロン デバイスは2010年9月30日、Androidアプリケーション開発者向けにインテル Atomプロセッサを搭載した「Android開発スタータキット」を、自社ブランド“inrevium(インレビアム)”のラインアップとして商品化し、同日より先行予約の受け付けを開始した。

 同製品には、インテル Atomプロセッサ「Z530(1.60GHz)」搭載の評価用CPUボードのほか、同ボード上で動作するAndroidのOSイメージが含まれる。また、開発環境構築済みのUSB HDDを同梱しているため、環境構築にかかる時間や手間が省け、「箱を開けて30分程度で開発をはじめることができる」(同社)という。

 評価用CPUボードに搭載されているZ530について同社は、低消費電力だけでなく、高い処理性能や大きなメモリ容量が問われる産業用アプリケーションに適していることから、組み込み用途でのAndroid活用を拡大するとしている。さらに、インテル アーキテクチャの互換性の高さから、PC上で開発された(C/C++で実装された)既存のLinux資産の有効活用ができ、高速演算処理の実現とAndroidへのスムーズな移行による開発期間の短縮を可能にするという。

評価用CPUボード 画像1 評価用CPUボード

 以下、同製品の構成と主な仕様を示す(表1)。

Android開発スタータキットの構成と主な仕様 表1 Android開発スタータキットの構成と主な仕様

 価格は8万9800円(税別)で、販売開始時期は2010年10月。同社は、FA、OA、家電、車載情報端末などの組み込み機器市場をターゲットとし、年間100セットの販売目標を掲げている。

Androidコーナー


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.