ニュース
» 2010年12月20日 22時09分 UPDATE

電気自動車:トヨタ自動車、EV・PHV・FCVなど環境対応車の投入計画発表

トヨタ自動車はEV、PHVをはじめとした環境対応車の開発と市場投入計画を発表した。次世代二次電池開発の状況についても明らかにした。

[佐々木千之,@IT MONOist]

 トヨタ自動車は11月18日、2012年までのHV(ハイブリッド車)、PHV(プラグインハイブリッド車)、EV(電気自動車)の投入計画や予定価格を発表した。FCV(燃料電池車)については2015年に1000万円以下で市場投入するという。研究開発中の次世代二次電池の研究成果も明らかにした。

環境対応車の計画

  • HV:2012年末までに燃費が40km/L以上のコンパクト車を含む11モデルを市場投入。
  • PHV:2012年初めまでに日米欧でプリウスベースPHVを市場投入する。年間5万台以上の販売を目指す。日本での価格は300万円程度を予定。
  • EV:2012年に日米欧でiQベースEVを市場投入する。年間数千台の販売を目指す。2011年中に日米欧中で走行実験を開始
  • FCV:セダンタイプのFCHV(燃料電池ハイブリッド車)の開発を進め、2015年頃から日米欧の水素供給インフラが整備される見込みの地域に投入。日本での価格は現時点で1000万円を切るめどがついているが、「お客様に納得していただける価格」を目指してさらにコスト低減に取り組む。
プラグインハイブリッドタイプのプリウス プラグインハイブリッドタイプのプリウス(東京モーターショー2009トヨタブースで)

次世代二次電池開発に関して

  • 全固体電池(固体電解質を使う電池):粒子間抵抗の低減に成功し小型パッケージングが期待できる電池の全固体化に向けて一歩前進。
  • 金属空気電池:リチウム空気電池の反応機構を解明し、充電可能な二次電池としての研究指針を明確化。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.