ニュース
» 2011年01月05日 16時13分 UPDATE

電気自動車:NECエナジーデバイス、リチウムイオン二次電池電極の生産能力増強へ投資

電力貯蔵用など高性能リチウムイオン二次電池用電極の生産能力増強に向けた設備投資が、経産省の「低炭素型雇用創出産業立地推進事業費補助金」の対象事業に採択された。

[佐々木千之,@IT MONOist]

 NECグループは2010年12月27日、電力貯蔵用など高性能リチウムイオン二次電池用電極の生産能力増強に向けた設備投資が、経産省の「低炭素型雇用創出産業立地推進事業費補助金」の対象事業に採択されたと発表した。

 採択された設備投資は、大容量ラミネートリチウムイオン二次電池の開発・製造を行うNECエナジーデバイスの、NEC相模原事業場で2012年度までに電極の生産能力を拡大するためのもの。2011年度までの設備投資が補助金対象となる。

 NECグループでは年間電極生産能力を、電池容量ベースで2010年度末の200万kWh超から、2012年度末に1000万kWhに順次増強する計画。

 NECエナジーデバイスは、日産自動車のEV「リーフ」に搭載するラミネート型マンガン系リチウムイオン二次電池を生産するオートモーティブエナジーサプライに電極を供給している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.