ニュース
» 2011年02月14日 23時00分 UPDATE

電子ブックレット(製造マネジメント):電力の情報化はどこまで進むか 〜スマートグリッドの可能性〜

環境産業に対して政策投資、民間投資が活発化しており、技術開発・実証・ビジネスモデルの創出等の活動が世界各国で行われている。本稿では特に注目されているスマートグリッドの概要を紹介する。

[@IT MONOist]
エンジニア電子ブックレット

電力の情報化はどこまで進むか 〜スマートグリッドの可能性〜

 アイティメディアがモノづくり分野の読者向けに提供する「@IT MONOist」「EE Times Japan」に掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は株式会社NTTデータ経営研究所提供『電力の情報化はどこまで進むか 〜スマートグリッドの可能性〜』をお届けします。


電力の情報化はどこまで進むか 〜スマートグリッドの可能性〜

世界各国に瞬く間に広がったグリーンニューディール政策。国ごとにその内容に違いはあるが、環境産業を次世代の有望産業のひとつとして位置付け、地球温暖化をはじめとする環境問題の解決、グリーン雇用の創出、産業創出による経済活性化を目指すという方向性は共通している。その環境産業の中でも昨今注目を集めているのが、電力網の高度化・情報化技術である「スマートグリッド」である。本稿では、スマートグリッドの概要および、グローバル化・標準化の現状を解説する。(情報未来 No.35 2010年1月号より)

電子ブックレットのダウンロードはこちら→電力の情報化はどこまで進むか 〜スマートグリッドの可能性〜


・電子ブックレットはPDFファイルで作成されています。
・電子ブックレットは無償でのご提供となりますが、アイティメディアIDへの登録が必要となります。登録ユーザーではない場合や、登録済みのプロファイルに一部不足がある場合などは、ダウンロードリンクをクリックすると登録画面へジャンプします。
・電子ブックレット内の記事は、基本的に記事掲載時点の情報で記述されています。そのため一部時制や固有名詞などが現状にそぐわない可能性がございますので、ご了承ください。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.