ニュース
» 2011年02月14日 23時19分 UPDATE

電子ブックレット(製造マネジメント):環境問題解決のためにITの果たすべき役割

近年、重要性が高まっている環境問題解決におけるITの果たすべき役割について、「基礎データの収集」「基礎データの加工と内部アクション」「外部への情報提供」の3つの側面から検討する。

[@IT MONOist]
エンジニア電子ブックレット

環境問題解決のためにITの果たすべき役割

 アイティメディアがモノづくり分野の読者向けに提供する「@IT MONOist」「EE Times Japan」に掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は株式会社NTTデータ経営研究所提供『環境問題解決のためにITの果たすべき役割』をお届けします。


環境問題解決のためにITの果たすべき役割

近年、環境問題解決のためにITの果たすべき役割がますます重要になっている。例えば、RoHS指令やREACH規則などの化学物資規制対応。膨大な化学物質データを管理するために情報システムの重要性が高まっており、これは、効率的なコンプライアンス実現のためにITの果たすべき役割が高まっている例である。また、食品管理等のために導入されているトレーサビリティシステムや、土壌汚染問題においてもITの重要性が高まりつつある。本稿では、「基礎データの収集」「基礎データの加工と内部アクション」「外部への情報提供」の3つの側面から、環境問題解決のためにITの果たすべき役割を検討する。(情報未来 No.33 2008年11月号より)

電子ブックレットのダウンロードはこちら→環境問題解決のためにITの果たすべき役割


・電子ブックレットはPDFファイルで作成されています。
・電子ブックレットは無償でのご提供となりますが、アイティメディアIDへの登録が必要となります。登録ユーザーではない場合や、登録済みのプロファイルに一部不足がある場合などは、ダウンロードリンクをクリックすると登録画面へジャンプします。
・電子ブックレット内の記事は、基本的に記事掲載時点の情報で記述されています。そのため一部時制や固有名詞などが現状にそぐわない可能性がございますので、ご了承ください。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.