ニュース
» 2011年02月15日 12時00分 UPDATE

電子ブックレット:コグニティブ無線実用化へ大きな一歩、NICTが大規模な実証実験を開始

利用する無線通信方式をその時々の無線端末の状況に合わせて動的に変える「コグニティブ無線通信技術」。電波資源のひっ迫という今後避けられない課題を解決する切り札とされている。情報通信研究機構(NICT)はこのコグニティブ無線通信技術の実用化に向けて、社会実証実験を開始した。藤沢や茅ヶ崎でコグニティブ無線ルータを、一般利用者に開放した。

[EE Times Japan]
エンジニア電子ブックレット

コグニティブ無線実用化へ大きな一歩、NICTが大規模な実証実験を開始

 アイティメディアがモノづくり分野の読者向けに提供する「@IT MONOist」「EE Times Japan」に掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。本日はEE Times Japanの記事『コグニティブ無線実用化へ大きな一歩、NICTが大規模な実証実験を開始』をお届けします。


コグニティブ無線実用化へ大きな一歩、NICTが大規模な実証実験を開始

アイコン

利用する無線通信方式をその時々の無線端末の状況に合わせて動的に変える「コグニティブ無線通信技術」。電波資源のひっ迫という今後避けられない課題を解決する切り札とされている。情報通信研究機構(NICT)はこのコグニティブ無線通信技術の実用化に向けて、社会実証実験を開始した。藤沢や茅ヶ崎でコグニティブ無線ルータを、一般利用者に開放した。

電子ブックレットのダウンロードはこちら→コグニティブ無線実用化へ大きな一歩、NICTが大規模な実証実験を開始


・電子ブックレットはPDFファイルで作成されています。
・電子ブックレットは無償でのご提供となりますが、アイティメディアIDへの登録が必要となります。登録ユーザーではない場合や、登録済みのプロファイルに一部不足がある場合などは、ダウンロードリンクをクリックすると登録画面へジャンプします。
・電子ブックレット内の記事は、基本的に記事掲載時点の情報で記述されています。そのため一部時制や固有名詞などが現状にそぐわない可能性がございますので、ご了承ください。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.