ニュース
» 2011年02月15日 12時00分 UPDATE

電子ブックレット:太陽電池の未来、変換効率はどこまで高まるか

太陽電池の研究開発目標は、大きく2つある。太陽光を電力に変換する効率を高めることと、部材(BOM)コスト/製造コストを引き下げることだ。日本、米国、欧州のいずれも将来の再生可能エネルギーの比率を総発電能力の1割以上に高めようとしており、効率改善とコストダウンは今後も重要な開発目標であり続けるだろう。「グリッドパリティ」を達成できなければ大規模な普及が望めないからだ。

[EE Times Japan]
エンジニア電子ブックレット

太陽電池の未来、変換効率はどこまで高まるか

 アイティメディアがモノづくり分野の読者向けに提供する「@IT MONOist」「EE Times Japan」に掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。本日はEE Times Japanの記事『太陽電池の未来、変換効率はどこまで高まるか』をお届けします。


太陽電池の未来、変換効率はどこまで高まるか

アイコン

太陽電池の研究開発目標は、大きく2つある。太陽光を電力に変換する効率を高めることと、部材(BOM)コスト/製造コストを引き下げることだ。日本、米国、欧州のいずれも将来の再生可能エネルギーの比率を総発電能力の1割以上に高めようとしており、効率改善とコストダウンは今後も重要な開発目標であり続けるだろう。「グリッドパリティ」を達成できなければ大規模な普及が望めないからだ。

電子ブックレットのダウンロードはこちら→太陽電池の未来、変換効率はどこまで高まるか


・電子ブックレットはPDFファイルで作成されています。
・電子ブックレットは無償でのご提供となりますが、アイティメディアIDへの登録が必要となります。登録ユーザーではない場合や、登録済みのプロファイルに一部不足がある場合などは、ダウンロードリンクをクリックすると登録画面へジャンプします。
・電子ブックレット内の記事は、基本的に記事掲載時点の情報で記述されています。そのため一部時制や固有名詞などが現状にそぐわない可能性がございますので、ご了承ください。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.