ニュース
» 2011年02月15日 12時00分 UPDATE

電子ブックレット:24時間いつでも使える環境発電へ、光と熱の両方からエネルギーを収穫

富士通研究所は、光と熱の両方から電力を作り出せるハイブリッド型の発電デバイスを開発した。各種のエネルギー源のうち光と熱に対応した理由は、この2つが「最も身近で応用範囲が広い」からだと説明する。光電池と熱電素子という2つの機能を切り替えられる発電デバイスであり、構造自体は、一般的な太陽電池に近い。基板上にp型半導体材料とn型半導体材料の積層構造を作り込んだものだ。

[EE Times Japan]
エンジニア電子ブックレット

24時間いつでも使える環境発電へ、光と熱の両方からエネルギーを収穫

 アイティメディアがモノづくり分野の読者向けに提供する「@IT MONOist」「EE Times Japan」に掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。本日はEE Times Japanの記事『24時間いつでも使える環境発電へ、光と熱の両方からエネルギーを収穫』をお届けします。


24時間いつでも使える環境発電へ、光と熱の両方からエネルギーを収穫

アイコン

富士通研究所は、光と熱の両方から電力を作り出せるハイブリッド型の発電デバイスを開発した。各種のエネルギー源のうち光と熱に対応した理由は、この2つが「最も身近で応用範囲が広い」からだと説明する。光電池と熱電素子という2つの機能を切り替えられる発電デバイスであり、構造自体は、一般的な太陽電池に近い。基板上にp型半導体材料とn型半導体材料の積層構造を作り込んだものだ。

電子ブックレットのダウンロードはこちら→24時間いつでも使える環境発電へ、光と熱の両方からエネルギーを収穫


・電子ブックレットはPDFファイルで作成されています。
・電子ブックレットは無償でのご提供となりますが、アイティメディアIDへの登録が必要となります。登録ユーザーではない場合や、登録済みのプロファイルに一部不足がある場合などは、ダウンロードリンクをクリックすると登録画面へジャンプします。
・電子ブックレット内の記事は、基本的に記事掲載時点の情報で記述されています。そのため一部時制や固有名詞などが現状にそぐわない可能性がございますので、ご了承ください。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.