ニュース
» 2011年03月23日 16時50分 UPDATE

被災地への復興支援と確実な事業継続の強化を目指す:NEC、震災の影響を受けた4拠点の生産再開を発表

NECは、東北地方太平洋沖地震の影響で生産を停止していたNECグループの生産拠点での生産を本日(2011年3月23日)再開したと発表した。

[八木沢篤,@IT MONOist]

東北地方太平洋沖地震について

このたびの大震災で被災された皆さま、ご家族ならびに関係者の皆さまに心からお見舞いを申し上げます。


@IT MONOist編集部一同



 NECは2011年3月23日、東北地方太平洋沖地震の影響で建屋および設備に損傷が確認され、生産を停止していたNECグループの生産拠点「東北日本電気(岩手県一関市)」「NECワイヤレスネットワークス(福島県福島市)」「NECトーキン(宮城県仙台市/白石市)」「NECインフロンティア東北(宮城県白石市)」において、同日生産を再開したと発表した。

 3月18日の段階で、前述の4拠点全従業員の無事を確認。早期稼働を目指し、設備の点検や一部建屋・設備の復旧などを進めてきた(2011年3月18日段階での発表)。

 今後、部材の供給体制の確保などを図りながら生産の拡大を行っていく方針。引き続きグループを挙げて、被災地への復興支援と確実な事業継続の取り組みを強化していくという。

 なお、被災地の復興支援として同社および同社グループでは、省エネ電球/照明器具の提供、赤外線カメラの無償貸与、ラジオ付きソーラートーチの提供、チャリティー活動などを行っている。

  1. 省エネ電球/照明器具の提供(NECライティング)
    ・電球型LEDランプ(LIFE LED’S):1000個
    ・電球型蛍光ランプ:5000個(内1000個は残光機能付き「ホタルックボール」)
    ・省エネスリム蛍光灯ペンダント:250灯(残光機能「ホタルック」ランプ付き)
  2. 赤外線カメラ(サーモギアなど)21台の無償貸与(NEC Avio赤外線テクノロジー)
  3. ラジオ付きソーラートーチ(懐中電灯)900個の提供(NECカシオモバイルコミュニケーションズ)
  4. BIGLOBE東北地方太平洋沖地震チャリティー壁紙の申し込み受け付け

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.