ニュース
» 2011年04月05日 20時50分 UPDATE

スマートグリッド:家電の消費電力をスマートフォンで監視、個人向け「ケーブル」が発売

家電の消費電力を遠隔地から監視できる機器の出荷が始まった。ゲートウェイ機器と組み合わせることで、最大200個程度の機器の消費電力をスマートフォンなどで表示、記録できる。

[畑陽一郎,@IT MONOist]

 ユナイテッドコミュニケーションサービスは、2010年4月5日、家庭用電気製品の消費電力をスマートフォンやPCなどから遠隔監視するためのケーブル状の機器「エコスイッチA(UCSW-1120)」の出荷を開始した(図1)。電気製品とコンセントの間に接続して利用する。

 最大消費電力が1500W以下の機器の監視に使える。リアルタイムの積算消費電力を計測できる。待機電力の計測も可能。消費電力の計測の他、機器の電源を遠隔地から切断、接続できる。


ALT 図1 エコスイッチA 電圧100V、最大消費電力1500Wまでの機器に接続できる。寸法は98mm×54mm×30mm。価格は5400円から。
ALT 図2 コントローラゲートウェイ 図のコントローラゲートウェイD(UCSC-2000)の他、機能が異なる4種類の品種がある。

 エコスイッチAをインターネットに接続するために、ゲートウェイ機器「コントローラゲートウェイ」(図2)が1台必要。コントローラゲートウェイ1台当たり、232個のエコスイッチAと無線接続できる。

 エコスイッチAとコントローラゲートウェイは、米国のZensysとZ-Wave Allianceが開発した900MHz帯で動作する家庭用無線ネットワークプロトコル「Z-Wave」を用いて無線通信する。Z-Waveは長時間、低電力で動作する機器に向くという。

変更履歴:図1でエコスイッチAの価格を「5400円」としましたが、正しくは「5400円から」でした。お詫びして訂正いたします。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.