ニュース
» 2011年04月15日 16時07分 UPDATE

第三者検証サービスメニューを拡充:シーイーシー、Android専門の検証センターを開設

シーイーシーは、川崎市にある宮崎台システムラボラトリ内に、Android専門の検証センターを開設。さらに、6月1日には中国・北京でも同様の検証センターを開設する予定だという。

[八木沢篤,@IT MONOist]

 シーイーシーは2011年4月15日、神奈川県(川崎市)にある同社 宮崎台システムラボラトリ内に、Android専門の検証センターを開設したことを発表。さらに、6月1日には中国・北京でも同様のAndroid検証センターを開設する予定だという。

 Android端末の本格普及を受け、同社は、第三者検証サービス「PROVEQ(プロベック)」などで培ってきた携帯電話/スマートフォンの検証実績とノウハウを活用し、Android専門の第三者検証サービスを展開。自社開発の検証ツール/Android端末専用の検証ツールなどを用い、効率的な品質確保と開発サイクルの短縮に貢献するという。また、中国を皮切りに、海外生産拠点を持つ顧客に対応した検証サービスも提供するとのこと。

オリジナルのAndroid 端末専用ツールによる検証 画像1 オリジナルのAndroid 端末専用ツールによる検証

 同検証センターでは、Androidを搭載した各種デジタル機器を対象に、カメラや各種通信(IrDA、Bluetoothなど)、ワンセグTVなどの機器に搭載される機能やその性能をテストする「検証サービス」、およびAndroid搭載機器の設計・開発・テスト工程を支援する「サポートサービス」を提供するほか、Android端末の試験効率化/操作性向上のためのツールなどの開発を進めるという。

 さらに、今年秋には緊急時の端末ロックやデータ削除、セキュリティチェックやアプリケーション配信サービスの提供など、Android端末の利便性向上を図る「マネジメントサービス」の提供を開始する予定だ。

Android検証センターのサービスメニュー 表1 Android検証センターのサービスメニュー

 なお、同社は、同検証センター関連事業で売上30億円(2011年度)を目指すという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.