特集
» 2011年04月19日 13時18分 UPDATE

ESEC2011 開催直前情報!!:AG10の性能を最大限発揮するGUIオーサリングツール「eUI」

組み込み機器向けグラフィックスLSIを手掛けるアクセルは、ESEC2011で「AG10」の“開発環境”をテーマに、GUIオーサリングツール「eUI」の実力を余すことなく披露する。

[八木沢篤,@IT MONOist]

 2011年5月11〜13日の3日間、組み込みシステム開発に必要なハードウェア/ソフトウェア/コンポーネントから開発環境までが一堂に集結する「第14回 組込みシステム開発技術展(以下、ESEC2011)」が開催される。

 @IT MONOistでは今年もESECの特設ページを設け、注目企業の見どころ情報や新製品リリース、イベントレポートなどを多数紹介していく。

 本稿ではESEC2011開催に先駆け、アミューズメント機器や各種組み込み機器向けのグラフィックスLSI/サウンドLSIを手掛けるアクセルの出展内容を紹介する。

グラフィックスLSI単体だけでなく、ツールで差別化を図る

組み込み機器向けグラフィックスLSI「AG10」 画像1 組み込み機器向けグラフィックスLSI「AG10」。4チャネルのLVDS、1チャネルのアナログ/デジタルRGB出力を備え、最大4チャネル同時に映像信号を出力できる「マルチディスプレイ機能」を備える

 ESECやEmbedded Technologyなどの大型組み込み関連イベントで、毎回さまざまなコンセプトモデルのデモ機を出展し(昨年のESEC2010では、タッチパネル搭載4画面デジタルサイネージを披露)、来場者の注目を集めてきたアクセル。

 今回のESEC2011では、これまでのハードウェアを中心とした展示デモではなく、組み込み機器向けに展開するグラフィックスLSI「AG10」の“開発環境”をテーマに出展。リリースされたばかりのGUIオーサリングツール「eUI」を披露する。

 アクセルは、グラフィックスLSIの開発だけでなく、その開発環境にも力を入れる。これまで培ってきたグラフィックス関連技術・ノウハウ、そして、ユーザーニーズを取り入れ、「汎用ソフトウェア製品では実現できないこと」「組み込み業界で存在しない、もしくは“希少”であること」「ソフトウェア開発工数の削減が図れること」をキーワードに、このたびeUIを自社開発し提供を開始。アクセルは、ハードウェア(AG10)/ソフトウェア(eUI)の双方で差別化を図るとともに、AG10利用者に対し“すぐに使える・動かせる”といった利便性を提供する(eUIは、AG10のユーザーに対し、フリーライセンスで提供される)。

GUIオーサリングツール「eUI」の画面イメージ 画像2 GUIオーサリングツール「eUI」の画面イメージ

 eUIは、プログラム開発リソースの削減に期待できるだけでなく、デザイナーのみで一環したGUI開発を可能にするオーサリングツールだ。リング(垂直や水平方向)メニューやスライドメニューなど、iPadのメニュー画面を彷彿(ほうふつ)とさせるような多彩なエフェクトを搭載しており、デザイナーはあらかじめ準備したボタンイメージ、写真、イラストなどと、eUIのエフェクトとを組み合わせるだけで、簡単にPC上でGUIイメージを作成・確認することができるという。

 また、eUIからプロジェクトファイルを出力できるため、サンプルのRuntimeと組み合わせることにより、プログラマでも簡単にAG10のリファレンスボード上でプレビューを確認することができるという。つまり、GUIの開発段階であっても、最終製品と同じシステム環境上で画面確認が行えるため、開発効率の向上が図れるわけだ。

 今回、パートナー関係にあるインテルのブース内に出展するアクセルは展示会場で、eUIによる“開発工数の削減効果”と“AG10のパフォーマンスを最大限に生かしたリッチなGUIの実現”を立証するという。組み込み機器におけるグラフィックス活用/GUI開発に興味のある方は、アクセルの展示デモを見ておいて損はないだろう。

第14回 組込みシステム開発技術展(ESEC2011)開催概要

会期 2011年5月11日(水)〜13日(金)
時間 10:00〜18:00(13日は17:00に終了)
会場 東京ビッグサイト
アクセル・ブースNo. 西展示棟 西9-001(インテルブース内)


>>ESC2011特集はこちら

関連キーワード

ESEC | GUI | LSI | 開発環境 | 組み込みシステム


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.