特集
» 2011年04月21日 13時13分 UPDATE

ESEC2011 開催直前情報!!:省電力だけでなく開発コストも削減する“エコ”なプラットフォーム「Armadillo」

小型CPUボード「Armadillo」「SUZAKU」シリーズを手掛けるアットマークテクノ。ESEC2011のテーマは「Armadilloで無線LANエコ開発」だ。

[八木沢篤,@IT MONOist]

 2011年5月11〜13日の3日間、組み込みシステム開発に必要なハードウェア/ソフトウェア/コンポーネントから開発環境までが一堂に集結する「第14回 組込みシステム開発技術展(以下、ESEC2011)」が開催される。

 @IT MONOistでは今年もESECの特設ページを設け、注目企業の見どころ情報や新製品リリース、イベントレポートなどを多数紹介していく。

 本稿ではESEC2011開催に先駆け、小型CPUボード「Armadillo」「SUZAKU」シリーズを手掛けるアットマークテクノの出展内容を紹介する。

“ムダのない”開発と製品化を実現するArmadilloシリーズ

 ESEC2011に出展するアットマークテクノのメインテーマは「Armadilloで無線LANエコ開発」だ。

 今回、新たに代理店として加わったスズデンとの共同出展となり、同社は、動作温度範囲−20〜+70℃で産業用途に適し、無線LAN搭載の機器開発にも対応できる組み込みプラットフォーム「Armadillo-400」シリーズと、小型で組み込む場所を選ばない無線LANモジュール「Armadillo-WLAN」を中心に展示デモを行う。

Armadillo-400シリーズとArmadillo-WLANモジュール Armadillo-400シリーズとArmadillo-WLANモジュール

 産業用の無線LAN機器は、需要が高まっているにもかかわらず、少量で購入できるモジュールが少ないというのが現状だ。だが、Armadilloシリーズの場合は1台から購入可能なため、多品種少量生産に向いており、その入手性の良さから好評を得ているという。また、Armadilloシリーズは購入してすぐに評価・開発でき、メインボードをそのまま量産時に活用できるため、無駄のない開発と製品化の実現を可能にする。

 さらに、最新のArmadillo-400シリーズは、低消費電力(いずれも本体の消費電力が1.2W程度)でファンレスを実現し、LAN/無線LAN、USB、microSDなどの基本的なインタフェースをバランスよく搭載する他、タッチパネル液晶対応品もある。こうした特長から、節電意識が高まる昨今のニーズに応える省電力プラットフォームとしての可能性も秘めている。

 「Armadilloシリーズは、本体が省電力なだけでなく、試作開発から量産までの開発者の時間とコストも節約できる、『エコ』なプラットフォームとして、至急の製品化需要にも最大限応えていきたいと考えています」(同社)。

Armadillo-440液晶モデル Armadillo-440液晶モデル。Linuxを標準OSとしてプリインストールしている他、Android、Windows Embedded Compact 7などの各種OS、Adobe Flash Liteなどのソフトウェアソリューションにも対応

 “全てをゼロから作る”時代から少しずつ脱却し、より一層短期間での開発・製品化が求められる時代に変化しつつある今、スムーズな開発の実現のためには、実績のある使いやすいプラットフォーム製品を選択することが、製品化成功のための最も需要なポイントだといえる。「過渡期だからこそ、本当に使いやすく価値ある製品を、お客さまに実際に手に取って、選択いただける機会を大切にしたいと考えています。組み込み業界に特化し、現場の開発者が多く集まるESECにおいて、実際に開発・製品化に携わる能性が高いお客さまと直接対話し、より深く製品を知っていただければと期待しています」(同社)。

 なお、ESEC2011の開催に併せて、“新製品の発表”を予定しているという。また、会場では期間中毎日先着30人限定で、おなじみの「アルマジロぬいぐるみキーホルダー」の“復刻版”をプレゼントするとのこと。


第14回 組込みシステム開発技術展(ESEC2011)開催概要

会期 2011年5月11日(水)〜13日(金)
時間 10:00〜18:00(13日は17:00に終了)
会場 東京ビッグサイト
アットマークテクノ・ブースNo. 西展示棟 西9-1(スズデンとの共同出展)


>>ESC2011特集はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.