特集
» 2011年06月08日 19時00分 UPDATE

DMS2011 開催直前情報!! :今年で3歳! ムラタのCAEがさらにパワーアップ

ムラタソフトウェアはDMS2011で、同社のCAE新製品「Femtet Ver.10」を展示する。応力解析、電磁波解析の機能が大幅に進化した。

[小林由美,@IT MONOist]

 ムラタソフトウェアは2011年6月8日、同社のCAE新製品「Femtet Ver.10」を発表した。2011年6月22〜24日開催の「第22回 設計・製造ソリューション展」(DMS)で同製品を展示する。

 Ver.10の主な内容としては、以下。特に、応力解析、電磁波解析の機能が大幅に進化したとのことだ。

  1. 応力解析の機能追加(クリープ解析、ステップ解析など)
  2. 電磁波解析の機能追加(差動線路の解析、アレイアンテナの解析など)
  3. 解析の高速化(マルチコア対応)
  4. 各種ユーザーインタフェース強化(モデルデータベースの追加、CADエクスポート機能追加、グラフ機能の改良など)
Femtet Femtetの画面
Femtet Femtetによる解析(クリープひずみ)

 「当ブース内に4台のPCをご用意してあり、最新Ver.10をご覧いただくことが出来ます。また、説明員としてFemtet開発担当者が直接対応します」(同社)。また、ブース内では“Femtet無料相談”も行う。

 ムラタソフトウェアは、2011年6月で設立3周年を迎える。ユーザー数は着々と伸び、知名度も急速に上がってきていることを実感しているとのことだ。

 Femtetはもともと、村田製作所内で28年前に作られた内製ソフトウェアで、同社内の技術者に愛用され続けてきたもの。2008年6月に、それを市販化した。

 同製品は7つの解析ソルバ(電磁波解析、磁場解析、電場解析、応力解析、熱伝導解析、圧電解析、音波解析)とそれらの連成解析機能と、モデル作成/結果表示機能を備え、価格は以下の通り。

  • 1年間利用ライセンス(PC準固定方式):19万8000円/本(税別)
  • 1年間利用ライセンス(サーバ方式):25万円/本(税別)

 2009年のDMS展特集では、Femtetの生みの親(開発者) 村田製作所 岡田勉氏のインタビュー記事を掲載した。同氏の村田製作所時代の苦労話やソフトウェアの誕生秘話を明かしているので、ぜひご覧いただきたい(記事末の関連記事で紹介)。

こんな方向けです

 同社より、「こんな方は、ぜひ」とのこと。

  • 「CAE」「低価格」「多機能」「解析」のキーワードが気になる方
  • 設計・製造にシミュレーションが業務に必要と感じている方

「第22回 設計・製造ソリューション展」(DMS)

会期 2011年6月22日(水)〜24日(金)
時間 10:00〜18:00(24日は17:00に終了)
会場 東京ビッグサイト
ブースNo. 東1ホール 小間番号16-31:CAEゾーン


>>DMS2011特集ページはこちら

関連キーワード

DMS2011特集


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.