特集
» 2011年06月14日 12時25分 UPDATE

DMS2011 開催直前情報!! :設計・開発に生かせる実際の適用事例やノウハウ

サイバネットシステムは、展示ブース内のプレゼンテーションスペースで、設計・開発で同社の解析ツールを実際にどう役立てればいいか、事例ベースで紹介していく。

[小林由美,@IT MONOist]

 サイバネットシステムのDMS2011展示ブースでは、さまざまな業界において「モノづくり」に携わる方々の課題解決につながる事例やソリューションをベースに、各事例に適した商品を紹介していくという。

 「具体的にどんなときに何をすればよいか、が分かりやすい展示」を目指しているとのことだ。同社プレゼンテーションスペースでは、『今日から使える! 解析「時短」テクニック〜大規模モデルを効率良く計算する方法〜』『設計者のための「電磁場解析はじめの一歩」〜電磁場解析ツールの基礎知識&トラブル対処のコツ〜』など設計・開発に生かせる実際の適用事例やノウハウなどを紹介する(詳しくは、記事末のリンクより)。

 「マルチフィジックス解析ツール『ANSYS』はCAE業界で実績のある製品の1つです。最適設計支援ツール『Optimus』はANSYSを始めとした各種解析ツールやCAD製品を連携・自動化させて高品質のモノづくりを支援します。また、3次元公差マネジメントツール『CETOL6σ』は、3次元CAD上で解析を行うことで、設計の早い段階から設計の妥当性の確認と見直しを可能にします。シミュレーションの導入によって品質向上・納期短縮・コスト削減が実現できます。いまだからこそ、省エネ・環境負荷低減を実現するシミュレーション導入を本気で検討しましょう!」(同社)。

図 マルチフィジックス解析ツール「ANSYS」の概要
図 最適設計支援ツール「Optimus」の概要

こんな方向けです

 同社より、「こんな方は、ぜひ」とのこと。

  • 設計担当者、解析専任者、生産技術担当者
  • CAE、シミュレーション、最適設計、最適化、公差解析、生産技術に携わる方
  • ダイレクトモデリング、CAD、モデリングに興味がある方

「第22回 設計・製造ソリューション展」(DMS)

会期 2011年6月22日(水)〜24日(金)
時間 10:00〜18:00(24日は17:00に終了)
会場 東京ビッグサイト
ブースNo. 東1ホール 小間番号15-45


>>DMS2011特集ページはこちら

関連キーワード

DMS2011特集


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.