ニュース
» 2011年06月14日 14時24分 UPDATE

C/SLKクラス以外のクラスにも順次導入予定:メルセデス・ベンツの車載システムにACCESSの「NetFront Browser」が採用

ACCESSは、同社の情報家電向けインターネットブラウザ「NetFront Browser」が、メルセデス・ベンツCクラスおよびSLKクラス向け車載システム「COMANDシステム」のブラウザとして採用されたことを発表した。

[八木沢篤,@IT MONOist]

 ACCESSは2011年6月14日、同社の情報家電向けインターネットブラウザ「NetFront Browser」が、今春より市場投入されている独ダイムラーAGのメルセデス・ベンツCクラスおよびSLKクラス向け車載システム「COMAND(Cockpit Management and Data)システム」のブラウザとして採用されたことを発表した。

 COMANDシステムは、オーディオやナビゲーション、電話などの各機能を一体にした運転者と車両との総合的なコミュニケーションシステムである。

COMANDシステムの画面イメージ 図1 COMANDシステムの画面イメージ(出典:メルセデス・ベンツ日本/メルセデス・ベンツSLKクラスのカタログ「The new SLK-Class」より)

 同システムにNetFront Browserが採用(統合)されたことで、運転者は、車中からオンラインサービスを利用してインターネットに接続し、さまざまな情報の入手(例えば、車内にいながら目的地の天気を確認する)や地図検索などを行うことが可能になるという。また、NetFront BrowserはAdobe Flash Playerにも対応しているため、充実したユーザーエクスペリエンスを提供できるとしている。

 今回のNetFront BrowserとCOMANDシステムの統合を、メルセデス・ベンツCクラス、SLKクラスの車載インフォテインメント技術の根幹を担うものと位置付けており、今後、メルセデス・ベンツの他のクラスにも順次導入される予定だという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.