ニュース
» 2011年06月15日 14時59分 UPDATE

クラウド生産管理で三菱電機とNECが協業:MELSEC-QとつながるクラウドERP「IFS Applications」

現場の実績値を自動でERPに送信し、管理・分析の精度を高めるクラウド型ERP。日本企業のアジア進出を支援する切り札になるか。

[原田美穂,@IT MONOist]

 三菱電機とNECは2011年6月15日、生産管理システム分野のクラウドサービス事業での協業を発表した。

 具体的には、NECが提供するERPパッケージ「IFS Applications」と三菱電機のMELSEC-QなどのFA制御向けシーケンサを組み合わせることで、シーケンサ側が持つ実績値をERP側に送信し、生産進捗・設備稼働・品質・エネルギー使用量などの管理に役立てる。

 IFS Applicationsは、スウェーデンを拠点とするIndustrial and Financial Systems(以降、IFS)が開発するERPパッケージ。NECではIFSと共同で日本企業特有のニーズに適応する機能(手形機能や製番機能など)やグローバル需給調整機能を独自に追加し、日本企業向けの使い勝手を確保している。個々の機能がモジュール化されており、選択的に利用できるなどの特徴を持つ。オンプレミス型のほか、SaaS型サービスとしても提供している。

 一方の三菱電機が提供するMELSEC-Qに代表されるFA機器は、日本企業での導入シェアが大きいほか、実績値を収集・分析可能なデータロガーユニットも提供している。同製品単体での分析のほか、CSVファイル形式などの一般的な文書フォーマットで書き出しも可能だ。

 今回の協業発表を機に、両社は実績情報をクラウド型ERP IFS Applicationsと連携し、さまざまな加工・データ連携を可能にするクラウドサービスを、日本国内およびアジア地域を中心に共同で提案していくという。

IFS Applicationsの機能モジュール概念図 IFS Applicationsの機能モジュール概念図(NECのWebサイトの製品資料から引用)

 なお、今回発表されたIFS ApplicationsとFA機器を連携したシステムは、2011年6月22〜24日に開催される「第22回 設計・製造ソリューション展 出展情報」(東京ビッグサイト)でも展示される。

第22回 設計・製造ソリューション展 出展情報

会期 2011年6月22〜24日

時間 10:00〜18:00(24日は17:00に終了)

会場 東京ビッグサイト

小間番号 東ホール2 14-20

ブース紹介ページ http://www.nec.co.jp/event/detail/dms/


関連ホワイトペーパー

生産管理


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.