ニュース
» 2011年09月20日 20時01分 UPDATE

Androidスマートフォン向け「KDDI Eメール」アプリに採用:ACCESS、よりリッチなコミュニケーション環境を構築する「NetFront Communicator」の提供を開始

ACCESSはAndroid搭載スマートフォン向けコミュニケーションプラットフォーム「NetFront Communicator」を開発。同製品をカスタマイズしたものが、KDDIのAndroid搭載スマートフォン「Xperia acro IS11S」と「HTC EVO WiMAX ISW11HT」のアップデートにも含まれ、「KDDI Eメール(〜@ezweb.ne.jp)」アプリとして採用されている。

[八木沢篤,@IT MONOist]

 ACCESSは、Android搭載スマートフォン向けコミュニケーションプラットフォーム「NetFront Communicator」を開発し、2011年9月20日、国内外の通信事業者および端末メーカー向けに提供を開始した。

 同製品は、日々のメールによるやりとりをコミュニケーションの中心として位置付け、高機能携帯電話で培われたユーザーインタフェース(以下、UI)やメール検索などのメーラーの基本機能に加えて、機能追加やコンテンツ配信などといったサービス拡張が行えることを目指したコミュニケーションプラットフォームである。例えば、同製品の拡張インタフェースにより、SNS(Social Networking Service)やデコレーションメールといった、よりリッチなコミュニケーション環境を容易に構築できるようになるという。

 以下、同製品の主な特長を示す。

  • 優れた拡張性 
    −独自のプラグイン方式を採用。新サービス対応の機能拡張が容易に行える 
    −同社が開発・提供する次世代デコレーションメール「Decoretta」(HTML5/CSS3対応)もこのプラグイン方式により連携する予定
  • マルチプロトコル対応 
    −IMAP、POP、SMTP、Exchangeなど標準プロトコルの他、サービス事業者の独自仕様にも対応
  • 日本独自の高機能携帯で培われた優れたUIを継承 
    −携帯電話のUIに慣れたユーザーもスムーズに操作可能
  • マーケット機能 
    −メールクライアントから直接コンテンツを購入することが可能(次期バージョン以降対応予定)
  • UIの着せ替え(次期バージョン以降対応予定)
  • ウィジェット向けにメーラー内のデータ取得用インタフェースを提供(次期バージョン以降対応予定)
  • 対応OS:Android2.3以降
Xperia acro IS11SHTC EVO WiMAX ISW11HT

 今回、同製品をKDDIのAndroid搭載スマートフォン向けにカスタマイズした「NetFront Communicator for KDDI」が、「KDDI Eメール(〜@ezweb.ne.jp)」アプリケーションに採用されている。現在発売中の「Xperia acro IS11S」(ソニー・エリクソン製)向けは本日(2011年9月20日)より、「HTC EVO WiMAX ISW11HT」(HTC製)向けは9月22日より提供される(関連記事)。

KDDI Eメールアプリケーション 「KDDI Eメール(〜@ezweb.ne.jp)」アプリケーションのイメージ(出典:KDDI)

 同社 代表取締役社長 兼 最高経営責任者である鎌田富久氏は次のようにコメントを寄せる。

 「この10年で、携帯電話でのメールの利用は飛躍的に広がり、日本の1つの文化にまでなっています。多様なスマートフォン端末が市場に出荷される中、メールの使い勝手や機能に不満を持っているユーザーは多いのではないでしょうか。この課題に対するACCESSのソリューションが、『NetFront Communicator』です。日本には、高機能携帯電話で培われた、デコレーションメールや、使い勝手の良いUIなど、ユーザーの心をつかむ優れたサービスが存在します。ACCESSは、『NetFront Communicator』をさまざまなアイデアを持ち寄れる1つのプラットフォームとして、通信事業者や端末メーカー、コンテンツプロバイダーと協力して、さらなる技術革新と新たなサービスの開発を推進してまいります」(プレスリリースより)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.