ニュース
» 2011年09月21日 12時41分 UPDATE

高セキュリティmicroSDカード開発キット:Android搭載端末で高セキュリティなICカードアプリの利用が可能に

DNPは、Android搭載端末に対応した高セキュリティmicroSDカード「TinySmart(タイニースマート)」開発キットを10月に発売。モバイル機器側にmicroSDカード用スロットがあれば、ICカードと同様のセキュリティ機能を専用リーダーライターなしで利用できる。

[八木沢篤,@IT MONOist]

 大日本印刷は2011年9月21日、Android搭載端末に対応した高セキュリティmicroSDカード「TinySmart(タイニースマート)」開発キットを10月に発売すると発表した。価格は、10万円(パッケージ一式/税別)となる。

 同社は、2009年11月にICカード用マルチOSを搭載したMULTOS版 TinySmartを、2011年1月に独自OS搭載のDNP Standard-9 V5版 TinySmartを開発。その後、「自社の機器やシステムで利用できるTinySmart向けアプリケーションを独自開発したい」という企業ニーズを受け、Windows環境向けのTinySmart開発キットを2011年1月に発売している。今回発表された製品は、そのAndroid環境向けバージョンとなる。

 TinySmartは、ICカード用の高セキュリティな基本OS、セキュアチップと大容量Flashメモリを搭載したmicroSDカード。TinySmartに搭載されているセキュアチップは、キャッシュカードやクレジットカード、電子マネー、ポイントサービス、ネットワーク認証などの用途で利用されているICカード用高セキュリティチップが用いられている。TinySmartの形状は通常のmicroSDカードと同一であるため、モバイル機器側にmicroSDカード用スロットがあれば、ICカードと同様のセキュリティ機能を専用リーダーライターなしで利用できる。

TinySmartをモバイル機器に挿入 TinySmartをモバイル機器に挿入

 同開発キットには、TinySmartとデバイスドライバなどが含まれており、TinySmartを装着したAndroid搭載端末での本人認証やデータの暗号化など、ICカードと同様の機能を利用したアプリケーションの開発が行える。例えば、モバイル機器からイントラネットへログインするシステムや、大容量コンテンツあるいは重要文書を暗号化して格納・表示するアプリケーション、モバイル機器を紛失した場合に機密情報を保護するセキュリティシステムなどを容易に実現できるという。

 開発キットのパッケージ内容と、製品仕様(表1)は以下の通りだ。

開発キットのパッケージ一式 開発キットのパッケージ一式
  • TinySmart(セキュアチップ部:Standard-9 V5版、またはMULTOS 4.236b版)5枚
  • TinySmart開発キット クイックスタートガイド1部
  • TinySmartデータシート1部
  • TinySmart用Androidドライバ(注1)(評価版、CD-Rにて提供)1式および同仕様書1部
  • テクニカルサポート(TinySmartおよびデバイスドライバ動作に関するQ&A対応など6カ月間)1式
※注1:TinySmart用Androidドライバ(評価版)の動作環境は、Android 2.2、Android 2.3、Android 3.0、Android 3.1となる。ただし、全てのAndroid搭載端末での動作を保証するものではない。


製品 TinySmart DNP Standard-9 V5版 TinySmart MULTOS版
microSDインタフェース SD Association規格に準拠 SD Association規格に準拠
暗号方式 RSA 2048bit、SHA256、AES、DES、Triple-DESなど RSA 2048bit、SHA256、AES、DES、Triple-DESなど
Flashメモリ 2Gバイト、4Gバイト 2Gバイト
EEPROM 144kバイト 36kバイト
伝送プロトコル T=1 T=0、T=1
搭載OS DNP Standard-9 V5 MULTOS
その他特長 JICSAP v1.1準拠 PKIアプリをROMに標準搭載
表1 製品仕様

 今後同社は、TinySmartのAndroid版開発キットを国内外のSI(システムインテグレーター)や機器メーカーなどの幅広いユーザーに販売し、TinySmartとその周辺ビジネスで、3年間で約15億円の売り上げを見込んでいるという。また、TinySmartをハンディターミナルなどの業務専用端末で使用するための組み込みOS用ドライバの開発も予定しているとのこと。

 なお、同社は、企業での重要文書を安全に閲覧するためのソリューションとして、TinySmartと組み合わせたAndroid版アプリケーション「TinySmart ebook viewer」を開発し、2011年10月19日から東京国際フォーラムで開催される「金融国際情報技術展(FIT2011)」に出展する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.