連載
» 2011年09月22日 13時42分 UPDATE

Android技術者認定試験「ACE」ドリル(5):Androidのリソースファイル (1/2)

今回は、Androidの“リソースファイル”について。「画像」と「XMLファイル」に大別されるリソースファイルのうち、XMLファイルに関する演習と解説をお届けする。

[奥 崇(elan),@IT MONOist]

 本連載「Android技術者認定試験『ACE』ドリル」も今回で5回目となります。まだまだ、学習すべき範囲はたくさんありますので、焦らず一つずつ理解を進めていきましょう。

 さて今回は、「リソースファイル」の学習をします。Androidにおけるリソースファイルとは、“コード以外の全ファイル”となります。このリソースファイルを大別すると「画像」と「XMLファイル」に分けられます。

 本連載で取り上げているAndroid技術スキル標準「ATSSAndroid Technical Skill Standard)」の第3階層のスキル項目「リソースファイル」では、XMLファイルについて出題されます(“画像”に関しての問題は作りようがないですからね)。この単元では、「知っているかどうか」という知識問題が出題される傾向にあります。しっかりと知識を身に付けて、満点を目指しましょう。それでは演習です。

今回の演習問題

演習1:AndroidManifest.xmlについて(1)

演習1 「AndroidManifest.xml」に関する説明として、誤っているものはどれか? 選択してください。

(1)アプリケーションで利用するコンポーネントが定義されている

(2)アプリケーションに与えるべき許可情報が定義されている

(3)全アプリケーションが保持する必要がある

(4)アプリケーションの暗号化設定が定義されている



演習2:AndroidManifest.xmlについて(2)

演習2 「AndroidManifest.xml」内に以下のタグが存在しています。このタグが示す内容として正しいものはどれか? 選択してください。

<uses-sdk android:minSdkVersion="7" />

(1)Android 1.6以上の環境で実行可能である

(2)Android 2.0以上の環境で実行可能である

(3)Android 2.1以上の環境で実行可能である

(4)Android 2.2以上の環境で実行可能である



演習3:XMLの書式

演習3 以下(1)〜(4)で示した「文字列リソースファイル」のうち、正しいものはどれか? 選択してください。

(1)

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<resources>
        <string name="version">Ver.1.0.0</string>
</resources>

(2)

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<resources>
        <text name="version">Ver.1.0.0</string>
</resources>

(3)

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<string name="version">Ver.1.0.0</string>

(4)

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<strings>
        <string name="version">Ver.1.0.0</string>
</strings>



演習4:リソースの代替設定と国際化

演習4 「文字列リソースファイル」を各言語用に用意することにより国際化対応する場合、その実現方法として正しいものはどれか? 選択してください。

(1)文字列リソースファイルの名称に、言語コードを付加することにより実現する

(2)文字列リソースのname属性値に、言語コードを付加することにより実現する

(3)リソースファイル配置用のディレクトリに、言語コードを付加することにより実現する

(4)Androidのアプリケーションフレームワークには多言語対応の仕組みはないので、各自実装することにより実現する



       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.