ニュース
» 2011年10月07日 00時00分 UPDATE

CEATEC 2011:ルンバ・ルンバ・ルンバ――お掃除から軍事までiRobot社のロボット大集結!! (1/2)

CEATEC JAPAN 2011、米iRobot社の日本総代理店を務めるセールス・オンデマンドのブースでは2011年10月7日発売の新製品「ルンバ 700シリーズ」の他、iRobot社が手掛ける各種ロボットが展示された。その模様を多数の写真でお届けする。

[八木沢篤,@IT MONOist]

――2011年10月4日に開幕した「CEATEC JAPAN 2011」の会場で、お掃除ロボット「Roomba(ルンバ)」の最新モデル「ルンバ 700シリーズ」が披露された。ルンバ 700シリーズは、2011年10月7日発売の新製品。CEATEC会場では、会期初日(10月4日)から一般公開され、いち早く実物に触れることができた(参考記事)。

 CEATECに出展したのは、開発元の米iRobot社の日本総代理店を務めるセールス・オンデマンド。フローリングや畳の部屋を再現した「タッチ&トライコーナー」では無数のルンバが一心不乱に掃除をしており、多くの来場者が思わず足を止め、ルンバの動きを興味深げに観察していた。また、歴代ルンバを壁一面に並べた「Roomba History」や、東京電力・福島第一原子力発電所の事故現場に投入され、話題となった多目的作業用ロボット「Packbot(パックボット)」をはじめとするiRobot社のロボットの数々が所狭しと展示されていた。

 本稿では多数の写真を中心に、セールス・オンデマンドのブースの模様、そして、iRobot社が手掛けたロボットを紹介する。


新型ルンバから歴代ルンバまでズラリ!!

ルンバ1ルンバ2ルンバ3 タッチ&トライコーナーの様子。家具が配置された部屋(和・洋)を再現。複数台のルンバが一斉に掃除していた
ルンバ 780ルンバ 770ルンバ 760 2011年10月7日に発売される新製品「ルンバ 700シリーズ」。左からハイグレードモデル「ルンバ 780」、スタンダードモデル「ルンバ 770」、ベーシックモデル「ルンバ 760」。ブースでは内部の基板などが見えるスケルトンモデルも展示されていた。700シリーズでは「iAdapt」と呼ばれる新機能を搭載しており、センシング(部屋の状況を把握)してから最適な行動パターンを実行するまでのスピードが向上しているという
ルンバ 780ルンバ 770ルンバ 760 ルンバ 700シリーズの実機。先ほどと同様、左からハイグレードモデル「ルンバ 780」、スタンダードモデル「ルンバ 770」、ベーシックモデル「ルンバ 760」。新シリーズでは、さらに清掃システムも見直され、1回の走行で「かき出す」「かき込みながら」「吸い取る」の3段階クリーニングシステムを採用している
ブースの裏側には、歴代ルンバを壁一面に並べた「Roomba History」が ブースの裏側には、歴代ルンバを壁一面に並べた「Roomba History」が
初代ルンバ(2002年)ルンバ「プロ・エリート」(2003年)ルンバ「ディスカバリー」(2004年) (左)初代ルンバ:今なお引き継がれる人工知能「AWARE(アウェア)」を搭載した最初のモデル(2002年)/(中)ルンバ「プロ・エリート」:部屋の一部を掃除できる「スポット・クリーニング・モード」を搭載したモデル(2003年)/(右)ルンバ「ディスカバリー」:自動充電機能を搭載したモデル(2004年)
ルンバ「スケジューラ−」(2005年)ルンバ「500シリーズ」(2007年)ルンバ「700シリーズ」(2011年) (左)ルンバ「スケジューラ−」:スケジュール機能を搭載したモデル(2005年)/(中)ルンバ「500シリーズ」:AWAREの性能が向上したベストセラー商品(2007年)/(右)ルンバ「700シリーズ」:高速応答プロセス「iAdapt」を搭載。2011年10月7日発売の最新モデル(2011年)

 ここまで見て分かる通り、ルンバのサイズは初代から最新モデルに至るまで、それほど大きく変化していない。もっと小型化できるのでは? なぜこのサイズにこだわるのか? その理由について説明員に聞いてみたところ次のような答えが返ってきた。

 「一般的には、サイズが小さくなると“小回りが利く=隅々まで掃除してくれる”と思われるが、iRobotの考えはそうではない。今回、新たに搭載されたiAdaptのように、センシングによる状況判断から実際に最適な行動パターンを実行するまでのスピードを強化すること(“反射神経を良くする”こと)で、理想的な清掃動作を実現している。また、現状のサイズ(最大幅:歴代でおよそ34〜35センチ台)にこだわる理由ついては、ダスト容器の容量の確保という点ももちろんあるが、イスの脚の間を通れるサイズ(約40センチ)がベストだと考えているからだ」(説明員)。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.