ニュース
» 2011年10月17日 14時54分 UPDATE

STBはミラクル・リナックスとの共同開発:NEC、「ユニクロ ニューヨーク5番街店」にデジタルサイネージシステムを納入

「PanelDirector」の名称で、デジタルサイネージ関連のワンストップソリューションを手掛けるNECは、先日オープンしたばかりの「ユニクロ ニューヨーク5番街店」と、10月21日にオープン予定の「ユニクロ ニューヨーク34丁目店」に、デジタルサイネージシステムを納入したことを発表。

[八木沢篤,@IT MONOist]

 NECは2011年10月17日、カジュアル衣料チェーン「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングが10月14日にオープンしたグローバル旗艦店「ユニクロ ニューヨーク5番街店」に、デジタルサイネージシステムを納入し、同システムが店舗オープンに合わせて稼働を開始したことを発表した。加えて、10月21日にオープン予定の「ユニクロ ニューヨーク34丁目店」へも同システムを既に納入しているという。

 「PanelDirector(パネルディレクター)」の名称で、デジタルサイネージ関連のワンストップソリューションを手掛けるNECは、今回、ウルトラナローベゼル(注)を採用した46インチ液晶ディスプレイ「MultiSync X461UNV」(NECディスプレイソリューションズ製)縦4面のマルチ構成による大型サイネージをはじめ、2店舗合計で約430面のデジタルサイネージと、コンテンツ配信システムを納入している。

縦4面のマルチ構成による大型サイネージ 縦4面のマルチ構成による大型サイネージ
4×4面のマルチ構成による大型サイネージ 4×4面のマルチ構成による大型サイネージ
※注:マルチ構成時のベゼル(縁)幅:6.7mm(筐体のベゼル幅は左/上側4.3mm、右/下側2.4mm) ※マルチ構成時の非表示領域幅:7.3mm(筐体の非表示領域は左/上側4.6mm、右/下側2.7mm)


 店舗に配置されるデジタルサイネージには、商品やモデルの映像などユニクロの店内広告が表示される。従来の等身大の静止画ポスターと比べて、多彩な店舗内空間演出が可能になるとともに、コスト削減にも寄与するとしている。

 これらのデジタルサイネージと、デジタルサイネージに配信されるコンテンツは、日本国内のユニクロのデータセンターで管理。NECのコンテンツ配信システムにより、国内から全世界の店舗に向けて、店舗ごとに必要なコンテンツを柔軟に配信することができるという。NEC自身は、このプライベートクラウド環境によるデジタルサイネージシステムの運用を担当しているとのこと。

 また、配信システムから受け取ったコンテンツを各ディスプレイに表示するSTB(Set Top Box)は、NECとミラクル・リナックスが新たに共同開発したものが採用されている。同STBにより、マルチディスプレイ構成において、ディスプレイ間でコンテンツの同期を実現しながら、動きのある複雑なコンテンツをスムーズに表示できるという。なお、同STBに搭載されているLinux OSと再生ソフトウェアは、ミラクル・リナックスが開発したデジタルサイネージ向けソフトウェア「Embedded MIRACLE Digital Signage Edition」が採用されている。

 NECはこの他、「ユニクロ タイ セントラルワールド店」「ユニクロ 韓国 江南店」、首都圏最大店舗「ユニクロ 池袋東武店」など、世界各地のユニクロ主要店舗にデジタルサイネージを納入しており、現時点でトータル1000面以上のディスプレイを提供しているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.