連載
» 2011年10月18日 11時10分 UPDATE

Windows Embedded Standard 7概論(7):WES7 Tips − サードパーティー製のドライバをOSイメージに含めるには? (1/2)

Windows Embedded Standard 7に精通する筆者が技術セミナーなどでよく質問を受ける内容と、その対処法を紹介。今回は「サードパーティー製のドライバやアプリケーションをOSイメージに含めるにはどうしたらいいか?」です。

[中田佳孝(安川情報システム),@IT MONOist]

 前回から、「Windows Embedded Standard 7 SP1(以下、WES7)」の技術セミナーなどでよく聞かれる質問と、その対応方法について解説しています。

 今回は「サードパーティー製のドライバやアプリケーションをOSイメージに含める方法」を紹介します。


サードパーティー製のドライバをOSイメージに含めるには?

 WES7には、さまざまなドライバが標準で付属しています。

 以下の図は、Distribution Share(以下、DS)内のDriverフォルダ(図1)とOut-Box-Driversフォルダ(図2)に含まれるドライバです。

Driverフォルダ 図1 Driverフォルダ
Out-Box-Driversフォルダ 図2 Out-Box-Driversフォルダ

 実際の開発では、

シリコンベンダーが提供するチップセット用のドライバや、デバイスメーカーが提供するデバイスドライバなど、このフォルダに含まれていないドライバを、Image Builder Wizard(以下、IBW)実行時にOSイメージへ組み込みたい

という場合がよくあります。これを実現するには、ドライバの提供形態によって2通りの方法があります。

  • (a)ドライバのインストール用infファイルが提供されている場合
  • (b)ドライバのインストール用に専用のインストーラが提供されている場合次ページ

(a)ドライバのインストール用infファイルが提供されている場合

 この場合、Out-Box-Driversフォルダに、インストールに必要なファイルを入れておき、Answerファイル作成時にそのドライバを選択することで実現が可能です。

(1) DSが含まれているフォルダを開きます(x86用CPUのDSフォルダのデフォルトは、“C:\Program Files (x86)\Windows Embedded Standard 7\DSSP1”です)。

(2) DSのOut-of-Box Driversフォルダ内に、追加するドライバ用のフォルダを作成します。フォルダ名ですが、他のドライバのフォルダに倣って、“\ベンダー名\デバイス\バージョン”といったフォルダ構成が望ましいと思います。ここでは、“\Nakata\Test Driver\1.0.0.0”というフォルダ構成としています。

(3) フォルダを追加後、Image Configuration Editor(以下、ICE)を起動します。

(4) [File]メニューの[Select Distribution Share…]から、先ほどのDSフォルダを選択してください。DSツリー内の[Out-Box-Drivers]に追加したドライバが反映されていることを確認します。

ICEのDSツリーと実際のフォルダの関係 図3 ICEのDSツリーと実際のフォルダの関係

(5) [ファイル]メニューの[Open Answer File…]から、ドライバを含めたいAnswerファイルを開きます。

(6) ICEのDSツリー内から、(2)で追加したフォルダを選択し、右クリックメニューを表示します。

Out-Of-Box Drivers内ドライバの追加方法 図4 Out-Of-Box Drivers内ドライバの追加方法

(7) ここでは、[Insert Driver Path to Pass 2 offline Servicing]を選択します。そうすると、下図のように、自動的にAnswerファイルのWindows Embedded Edition−PnpCustomizationsNonWinPEコンポーネント項目に、選択したドライバパスが登録されます。このコンポーネントは、指定された1つ以上のOut-of-BoxドライバをOSインストール中に適用します。

Answerファイルに追加されたOut-Of-Box Driver 図5 Answerファイルに追加されたOut-Of-Box Driver

(8) 要件に応じてパッケージの追加などをした後、[Validate]メニューの[Add Required Package]などにより、整合性を取ってください。

(9) [Tools]メニューの[Create Media]−[Create IBW image florm Answer File]を選択し、IBWイメージを構築します。

(10) (9)で作成したIBWイメージをターゲット上で実行します。WES7セットアップ完了後にコントロールパネルなどからデバイスマネージャーを起動し、指定したドライバが自動的にインストールされていることを確認してください。

appendix:コンフィギュレーションパス

 (6)で右クリックメニューで表示された[Pass N xxxxxx]というのは、WES7インストール時のコンフィギュレーションパス(フェーズ)を表しています。以下に代表的なパスの概要と、各パスの流れを示します。

コンフィギュレーションパス 概要
WindowsPE このパスはWindows PEの設定やIBWの設定(Answer Fileの適用)を行います
offlineServicing このパスでは、更新プログラムやドライバなどをOSイメージに適用します
generalize Sysprepツールをgeneralize指定で実行後(セキュリティIDなどのシステム特有の情報がOSイメージから削除される)、再起動した際にこのパスが実行されます
specialize このパスでは、セキュリティIDやネットワーク設定、ドメイン情報などを作成・適用するフェーズです
oobeSystem 「Windowsへようこそ」の画面が表示される前に、ユーザーアカウントや日付設定などの設定を行うフェーズです
表1 代表的なコンフィギュレーションパスの概要

WES7のコンフィギュレーションパス 図6 WES7のコンフィギュレーションパス
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.