特集
» 2011年10月24日 10時58分 UPDATE

ET2011 開催直前情報:Armadilloシリーズ・進化し続けて10周年――「次世代Armadillo」がそのベールを脱ぐ!?

小型CPUボードを手掛けるアットマークテクノ。主力のArmadilloシリーズ誕生から10年を迎え、「ありがとう10周年! 試作から量産まで安心・いろいろ使える・エコArmadillo」をブーステーマに掲げてET2011に出展する。

[八木沢篤,@IT MONOist]

 2011年11月16〜18日の3日間、パシフィコ横浜で組み込み関連の最先端テクノロジーや基盤技術が多数集結する「Embedded Technology 2011/組込み総合技術展(以下、ET2011)」が開催される。

 このET2011開催に先立ち、アイティメディアが運営する組み込み/エレクトロニクス関連メディア「@IT MONOist」「EE Times Japan」「EDN Japan」では、ET2011の特設ページをオープンし、来場予定者や来場を検討されている方々に向け、注目企業の見どころ情報を開催直前までお届けしていく。また、同特設ページでは、会期中・会期後も速報やレポート記事を多数掲載する予定なので期待してほしい(継続してウオッチして頂きたい!)。

 今回紹介するのは、小型CPUボード「Armadillo」および「SUZAKU」シリーズを手掛けるアットマークテクノの出展内容だ。

>>3メディア合同「Embedded Technology 2011特集」

Armadilloシリーズ 10周年!! 「次世代Armadillo」をお披露目

 ET2011に出展するアットマークテクノは「ありがとう10周年! 試作から量産まで安心・いろいろ使える・エコArmadillo」をメインテーマに掲げる。

 おなじみのARMコア搭載組み込みプラットフォーム Armadilloシリーズは、その初代機が発売されてから今年で“10周年目”を迎える。Armadilloシリーズは、小型・省電力で“環境に対しエコ”であるだけでなく、試作開発や製品化も効率化でき、“開発者の時間にもエコ”であることがウリとなっている。今回のET2011では、「広く受け入れられてきたArmadilloブランドの10周年の感謝と、今後も開発者にやさしいプラットフォームを提供する決意を込めて、最新ラインアップを展示します!」(同社)という。

 同社ブースおよび会場内オープンステージでは、「アッ」と驚く新製品として、ネットワーク・画像・音声処理など各分野のプロスペック組み込み機器にも使える“次世代Armadillo”が披露される(詳細はまだ明かされていない)。「今まで、Armadilloブランドの製品を使ったことがないというお客さまにも納得頂けるような、Armadilloブランドの新たな進化をお見せしたいと考えております」(同社)。

 もちろん、新製品だけでなく、量産にもすぐに使える従来製品も展示する。手のひらに載る小型サイズ・省電力だけでなく、動作温度範囲も−20℃〜+70℃までと広範囲で、量産用途にも安心の「Armadillo-400」シリーズ、UART/SDIO/USBインタフェース対応の小型無線LANモジュール「Armadillo-WLAN」などを出展予定だという。

手のひらサイズでタッチパネル液晶I/Fも備える「Armadillo-400」UART/SDIO/USBインタフェース対応「Armadillo-WLAN(AWL13)」 画像1(左) 手のひらサイズでタッチパネル液晶I/Fも備える「Armadillo-400」/画像2(右) UART/SDIO/USBインタフェース対応「Armadillo-WLAN(AWL13)」


 「製品化開発のための技術情報、GUI開発を手軽に実施するソリューションなど、組み込み機器をよりよく・効率的に実現する方法を併せてご提案しますので、ご来場のお客さまにも、『本当に使える』というイメージを持って頂けるのではないかと思います。また、17日(会期2日目)に開催されるETフェスタでは、毎年恒例の北海道限定ビールを用意して皆さまのご来場をお待ちしております。Armadilloブランド10周年にちなんだお酒やお菓子もご提供する予定です。ぜひアットマークテクノ・ブースにお立ち寄りください」(同社)。



 誕生から10年、Linux+ARMプロセッサ搭載の組み込みプラットフォームとして世に出たArmadilloは、ラインアップを充実させながら、その活躍の場を年々拡大している。前回のET2010では、「製品化・量産にも使える組み込みプラットフォーム」として、小型サイズの組み込みプラットフォーム Armadillo-400シリーズを中心に展示デモが行われていたが、今年はArmadilloのさらなる進化が見られそうだ。

 「『早く・安く製品化するための業界の常識』となったArmadilloブランドは、複雑化する開発と長期化する製品化作業を解決するプラットフォームとして、これからも進化・発展し続けます!」(同社)。

Embedded Technology 2011/組込み総合技術展

会期 2011年11月16日(水)〜18日(金)
時間 10:00〜17:00(17日(木)は18:00に終了)
会場 パシフィコ横浜
アットマークテクノ・ブースNo. E-02


Embedded Technology 2011特集 >>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.