ニュース
» 2011年10月27日 20時00分 UPDATE

オートデスクのクラウドサービス:クラウドに構造解析アプリ。ソルバもポストも

構造解析のアプリケーションがクラウド上に存在し、そこで処理がされるため、その分ローカルのマシンパワーを費やさなくて済む「Autodesk Inventor optimization」など、オートデスクの新クラウドサービスの日本語版が公開される。

[小林由美,@IT MONOist]

 オートデスクは同社のクラウドコンピューティングによる新サービス「Autodesk Cloud」(オートデスク クラウド)の日本語版の提供を開始する(近日中公開予定注*)。

 本サービスのアプリケーションはクラウド上に存在し、PCにプログラムをダウンロードしインストールせずに利用できる(モバイルアプリケーションについては、モバイル機器本体にインストールして利用する)。

注*2011年09月28日のプレスリリースでは「Autodesk Cloud の日本語版は、2011年10月26日から提供を開始する」となっていたが、本記事の公開時点で正式な公開日は未定。プレスリリースは関連リンクに。

 Autodesk Cloudでは、以下のアプリケーションを無償で提供している。

  • 「Autodesk Cloud Documents」(オートデスク クラウド ドキュメンツ):クラウドベース(オンライン)CADデータ共有システム。Autodesk Cloudのデータ格納のセンターである。WebブラウザからCADデータにアクセスができ、データの共有・保存ができる。
  • 「AutoCAD WS」(オートキャド ダブリューエス):無償の2次元CADデータアプリケーション。PCブラウザからは、オンラインワークスペース内のDWGデータの閲覧・修正が可能(新規作成不可)。無償モバイルアプリケーション版は、iOS用とAndroid用がある。
  • 「Autodesk Design Review」(オートデスク デザイン レビュー):CADデータ表示・管理ツール。2次元・3次元CADデータの表示・変更履歴の管理が可能。無償モバイルアプリケーション版はiOS用のみ。

 AutoCAD WSについては、既に300万人以上のユーザーがいることから、このようなクラウドサービスのニーズは非常に高いと同社では見ているという

 データストレージは、同社のサブスクリプション(年間保守契約)ユーザーは3Gバイト、非サブスクリプションユーザーは1Gバイトまで無償で提供する。サブスクリプションユーザーに対しては、さらに以下のサービスも無償で提供する。

  • 「Autodesk Inventor optimization」(以下、Inventor optimization):クラウドベースの構造解析ツール。製造業向けパッケージ「Autodesk Product Design Suite」ユーザー向け
  • 「Autodesk Cloud rendering」(オートデスク クラウド レンダリング):クラウドベースのレンダリングツール。デザイナー向けパッケージ「Autodesk Design Suite」および建築業向けパッケージ「Autodesk Building Design Suite」ユーザー向け

 レンダラー、構造解析アプリケーションもクラウド上に存在し、そこで処理がされるため、その分ローカルのマシンパワーを費やさなくて済むということだ。

 「既にInventor optimizationを業務で使っている(米国の)ユーザーの話ですが、いままで4日間かけていたシミュレーションが1時間半で済んだとのことです。レンダリングについても、1日に2000件もこなしているそうです」(米オートデスク AutoCAD プロダクトライングループ担当副社長 エイミー バンゼル氏)。

 建築業界向けとしては、以下。

  • 「Autodesk Revit Conceptual Energy Analysis」(オートデスク レビット コンセプチュアル エナジー アナリシス):クラウドベースで提供する建築物のエネルギー消費量・ライフサイクルコスト解析ツール。コンセプト段階からエネルギー消費量の検討が可能となる。BIMツール「Autodesk Revit Architecture」ユーザー向け。
  • 「Autodesk Green Building Studio」(オートデスク グリーン ビルディング スタジオ):Webブラウザでアクセスする建築物のエネルギー解析サービス。建築業向けCAD「AutoCAD Architecture」ユーザー向け。
  • 「Autodesk Buzzsaw」(オートデスク バズソー):ドキュメント/データ/設計管理ツール。建築業向けデータ管理ソフトウェア「Autodesk Vault Collaboration AEC」ユーザー向け。

 このような同社のクラウドアプリケーションは、今後も増やしていく予定とのことだ。

Autodesk Cloudにアクセスする方法

 サブスクリプションユーザーについては、SubscriptionセンターのログインIDとパスワードでAutodesk Cloudにアクセスできる。

 非サブスクリプションユーザーは、以下のいずれかでアクセス可能だ。

  • AutoCAD WSのログインIDとパスワード
  • Autodesk IDとパスワード

 データ使用量の確認は、同社のユーザー専用ページから確認できる。

ユーザーページの画面 ユーザーページの画面

データのセキュリティについて

 Autodesk Cloudで共有するデータのアクセス権限や編集権限については、ワークスペースへデータを送る際に設定可能だ。

 データ管理のセキュリティ保護については、同社のパートナー企業の協力の下、強化しているという。Autodesk Cloudでアップロードするデータは同社パートナーのアマゾンによる「Amazon Cloud」内に保管される。Amazonにデータを置かず、仮想フォルダでアクセスする設定も可能だ。外部ストレージサービスや自社でホスティングするサーバに保管も可能だ(「サービスへの接続」機能)。また、同様にパートナー企業であるシトリックス社のシステムを利用し、各アプリケーションを仮想化して提供している。

 「クラウドアプリケーションの開発に当たっては、この分野について高度なスキルを持った人材を新たに採用しました。また関連企業を買収し、社員にはトレーニングを受けてもらい専門知識も身に付けてもらいました。この技術はオートデスクにとって、今後も長年にわたり必要になるだろうということで、そこにしっかり投資をしたのです。正式リリース前には、Autodesk Labを通してユーザーにβ版を使ってもらい、評価をしながら開発を詰めていきました」(バンゼル)氏。

エイミー バンゼルさん 米オートデスク AutoCAD プロダクトライングループ担当副社長 エイミー バンゼル(Amy Bunszel)氏

関連キーワード

オートデスク | CAD


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.