ニュース
» 2011年11月01日 12時43分 UPDATE

組み込みソフトウェア開発を支援:イーソル、Kinetisマイコン向けμT-Kernelの無償提供を開始

イーソルは、小型組み込み機器向けリアルタイムOS「μT-Kernel」をフリースケール・セミコンダクタ製 ARM Cortex-M4コア搭載マイコン「Kinetis」上で動作させるためのパッチの無償提供を開始した。

[八木沢篤,@IT MONOist]

 イーソルは、小型組み込み機器向けリアルタイムOS「μT-Kernel」をフリースケール・セミコンダクタ製 ARM Cortex-M4コア搭載マイコン「Kinetis」に移植、μT-KernelをKinetis上で動作させるためのパッチの無償提供を発表した。2011年11月1日より、同社Webサイトのダウンロードサービス(要ユーザー登録)を通じて、入手できる。

 μT-Kernelの仕様・リファレンスコードの開発などを手掛けるT-EngineフォーラムのWebサイトで無償提供されているμT-Kernelは、ARM Cortex-Mシリーズには未対応。同社は昨今のARM Cortex-Mシリーズの普及に伴う対応要求を受け、マイコンを利用する組み込み開発者の支援強化を目的に、μT-KernelをKinetisへ移植した。

 同パッチは、開発時・量産時ともに無料で利用可能だ。ソフトウェア開発者は、μT-Kernelの移植作業の工程を省くことができ、コストを掛けずにKinetisマイコンや試作プログラムの評価が行える。また、同パッチ提供と併せ、同社はμT-Kernelのサポートやデバイスドライバの開発、カスタマイズなどのサービス(プロフェッショナルサービス)をオプションで提供しており、例えば、対応動作環境(表1)以外の環境への移植の際などに利用できる。

μT-Kernel Ver. 1.01.01
プロセッサ フリースケール・セミコンダクタ製
Kinetisマイクロコントローラー
K60 MK60N512VMD100(ARM Cortex-M4コア)
ボード フリースケール・セミコンダクタ製
TWR-K60N512-KIT
開発ツール ARM製 MDK-ARM V4.22
コンパイラ ARM C/C++コンパイラ 4.1[Build 791]
表1 対応するμT-Kernelのバージョンと動作環境

 同社は、今後ニーズに応じて、その他のマイコン(例えば、ARM Cortex-M3など)へのμT-Kernelの移植や、TCP/IPスタックやUSBスタック、ファイルシステムなどのミドルウェアやドライバの統合などを行う予定だという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.