ニュース
» 2011年11月01日 14時26分 UPDATE

データロガー向け組み込みソリューション:SMSによるプッシュ型起動に対応、省電力プラットフォーム「A420+FL-001-HW」

梅沢無線電機のFOMAユビキタスモジュール搭載3G通信ボード「FOMA-LPM」と、アットマークテクノの組み込みCPUボード「Armadillo-420」で構成される、データロガー向け組み込みソリューション「A420+FL-001-HW」が登場した。

[八木沢篤,@IT MONOist]

 アットマークテクノと梅沢無線電機は2011年11月1日、省電力化が必須条件とされるデータロガー、監視カメラ、計測装置、警報装置などに最適なFOMA対応の組み込みソリューション「A420+FL-001-HW」を発表した。

 同製品は、梅沢無線電機のFOMAユビキタスモジュール搭載3G通信ボード「FOMA-LPM」と、アットマークテクノの組み込みCPUボード「Armadillo-420」で構成され、梅沢無線電機より販売される。発売開始は2012年1月を予定。1台から購入可能で、価格は6万3000円(税込)となる。

「A420+FL-001-HW」 「A420+FL-001-HW」

 同製品の一番の特長は、SMS(ショートメッセージサービス)によるプッシュ型起動に対応している点だ。SMSを受信したタイミングで待受状態からシステムを起動し、データ通信を開始する。そのため、常時通電しておく必要のあった従来の3G回線を利用したデータロガーとは異なり、必要なときのみ通電するので、システム全体の消費電力を抑えることができる。また、動作温度範囲が−20〜+60℃であるため屋外設置にも適している。FOMAの広い通信エリアを活用することで、さまざまな組み込み機器の実現を可能にするとしている。

システム概要と利用シーン システム概要と利用シーン
  • SMSによるプッシュ型起動に対応、システムの省電力化に貢献 
    待受状態時に遠隔からのSMSを受信することでシステムを起動することが可能。待受状態ではCPUボードの電源をオフにすることも可能なので、データロガーの大幅な省電力化が期待できる
  • 動作温度範囲−20〜+60℃ 
    屋外でも利用可能な動作温度範囲をカバー
  • リアルタイムクロック(RTC)搭載 
    データロガーに必須なリアルタイムクロック機能を搭載。FOMAネットワークの時刻情報による多点間での時刻同期が可能
  • ツール/ソフトウェアを無償提供 
    開発ツール類やデバイスドライバなどのソフトウェアを無償提供
  • 1台から供給可能 
    数十〜数百台の中小規模ロットの量産用途に最適。1台からの供給も可能
「A420+FL-001-HW」のセット内容イメージ 「A420+FL-001-HW」のセット内容イメージ

 同製品は、2011年11月16〜11月18日までの3日間、パシフィコ横浜で開催される「組込み総合技術展 Embedded Technology 2011」のアットマークテクノ・ブース(E-02)、および同日程で東京ビッグサイトで開催される「システム コントロール フェア 2011」の梅沢無線電機ブース(2-05)に展示される。


Embedded Technology 2011特集 >>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.