ニュース
» 2011年11月10日 13時30分 UPDATE

電気自動車 東京モーターショー2011:どうなる「i-MiEV」、SUVをEV技術で実現する三菱自動車

他社に先駆けてEVの量産を開始した三菱自動車。他社とは逆にEVからプラグインハイブリッド車(PHEV)へと展開する。SUVクラスの車種を狙うためだ。

[畑陽一郎,@IT MONOist]

 三菱自動車は2011年11月9日、「東京モーターショー2011」(2011年12月2〜11日、東京ビッグサイトで開催)の出展内容を発表した。

 モーターショーで世界初公開となるのが、小型、低価格、低燃費をコンセプトとしたコンパクトカー「MIRAGE(ミラージュ)」と、環境対応SUV「MITSUBISHI Concept PX-MiEVII」(PX-MiEVII)である。

 三菱自動車は、電気自動車(EV)「i-MiEV」を2009年に販売開始後、2011年12月には第2弾として、軽商用電気自動車「MINICAB-MiEV」を発売する予定である*1)。いずれもシティーコミューターとしてのEVだ。つまり、移動距離が短く、都市内部で少人数が移動するという用途である。

*1)三菱自動車は2011年10月28日から米国向けi-MiEVの生産を開始している。大人が4人乗車できるよう、国内向けよりも全長が280mm長く、それ以外の寸法やトレッドも大型である。モーターの最大トルクも16Nm/rpm向上している。この車両は2011年11月中に米国西海岸などの4州で販売を開始し、2012年度末までに販売エリアを米国とカナダの全域に広げる予定だ。

 今回公開するPX-MiEVII(図1)は、長距離移動が可能な中型乗用車クラス以上を狙った車種。ガソリンエンジンを搭載することで、走行距離を800km以上にまで延ばした。一種のプラグインハイブリッド車(PHEV)である。フロント用モーターとリア用モーターを搭載し、4WD走行が可能。

20111110Mitsubishi_MiEVII_590px.jpg 図1 三菱自動車の「MITSUBISHI Concept PX-MiEVII」 2LのMIVEC、4気筒エンジンを搭載する。エンジン発電量は70kW。モーター出力は60kW×2。車体寸法は、4660mm×1830mm×1680mm。出典:三菱自動車

 同社は、PX-MiEVIIの環境対応性能を示すために、複合燃料消費率という指標を提示した。外部充電による電力を用いたプラグイン走行時の燃料消費率「プラグイン燃料消費率」と、ハイブリッド走行時の燃料消費率「ハイブリッド燃料消費率」とを複合した代表燃費値である。60km/Lという高い環境性能が得られたという。

 さらに、EV走行とハイブリッド走行をドライバが制御する仕組みも盛り込んだ。例えば住宅街や夜間など静かに走行したい場合はスイッチ操作で「バッテリー走行モード」(EV走行)に入る。あらかじめ電力を電池に蓄えたい場合は、「バッテリー充電モード」を選べばよい。スイッチ操作によりエンジンで発電し、走行中のバッテリー消費を抑える。同社がこれまでi-MiEVを使ってテスト展示してきた家庭への電力供給V2H(Vehicle to Home)にも対応している。

 なお、ガソリンエンジンを搭載したことで、EV走行距離自体は従来の160km(電池容量16kWhのGグレード)よりも少ない50kmとなっている。電池搭載容量は非公開だが、GグレードとMグレード(EV走行距離120km、電池容量10.5kWh)の中間を想定しているという。充電時間についても、GグレードとMグレードの中間になる。つまり、200V時で4.5〜7時間ということになる。

 車両重量も非公開だが、「ほぼ同じサイズのアウトランダークラスと同程度の重量である」(三菱自動車)という。なお、アウトランダーの車両重量は1530〜1620kgである。

車と住宅を一体化する取り組みも進める

 このほか、東京モーターショー2011では、「MiEV ハウス」と「MiEV カフェ」を展示する。

 MiEVハウスは、家庭用のHEMS(Home Energy Management System)とEV用のEIS(Electric Vehicle Integration System)を統合したシステムだ。HEMSは、電力需給問題への対策を考え、家庭内におけるエネルギーを最適に使用するために使う。EISは、走行時も含め車両状態を常時モニタリングするシステム。走行時でも、駆動用バッテリーの電力を利用する場合でも、常に充電量を最適に制御する。

 MiEVカフェは、EV、PHEVの駆動用バッテリーから1500Wまでの給電を可能とする大電力給電装置を利用したサービス。給電用の装置は、2011年度内に実用化を予定する。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.