特集
» 2011年11月16日 20時30分 UPDATE

スマートグリッド:ビクトリア女王が好んだワイト島、英国最大の島が100%再生エネ化へ (1/2)

再生可能エネルギーの利用ではドイツやスペインなどが注目を集める。英国はモデル地域を指定し、一気に再生可能エネルギーの100%利用を目指す。舞台は英国最大の島ワイト島だ。東芝やIBMが技術を提供する。

[畑陽一郎,@IT MONOist]
ビクトリア女王が好んだワイト島、英国最大の島が100%再生エネ化へ 12世紀の教会

 英国で100%再生エネルギー化の動きが進んでいる。

 そもそもの起こりは、2010年、英国のデービッド・キャメロン(David Cameron)首相が、総選挙に挑むに当たり「Big Society」という保守党の政策方針を打ち出したことによる。地方に権限を委譲し、地方を活性化する5つの方針からなるものだ。

20111116Wight_UKmap_200px.jpg 図1 ワイト島の位置 黒矢印の先にある赤い枠に囲まれた位置にある。右上の赤い枠で示した首都ロンドンから南西方向に約100km離れている。

 総選挙後、首相は資金面の裏付けを固めていく。休眠口座からの4億ポンドの他、大手銀行から2億ポンドの資金を取り付け、「Big Society Capital」を創設、社会的投資マーケットの成長を促すことになった。

 2011年2月、この資金を使い、持続可能な社会を作り上げる英国で最大のプロジェクト「EcoIslandプロジェクト」がワイト島(図1図2)で始まった。この島は、19世紀、当時のビクトリア女王が避暑地とするために宮殿を建てたことにより、高級リゾート地として有名になった。現在は島の西側が特定自然保護区に指定されている。一方で、ワイト島は14万人以上の人口を抱えており、年間約300万人の観光客が訪れる(図3図4)。自然と社会の共生を試みるには最適な地ともいえる。

20111116Wight_590px.jpg 図2 ワイト島の地理 グレートブリテン島の南海岸に位置する英国で最大の島。形はひし形であり、東西40km、南北23km、面積は384km2。本土とワイト島を分かつソレント海峡は、最も狭い地点で幅約1.3kmと狭い。人口約14万2000人。主な産業はリゾート、次いで農業だ。地形が分かりやすいため、1914年時点の地図を示した。
20111116Wight_AlumBay_590px.jpg 図3 ワイト島の海岸風景 島の西端にあるAlum Bayの崖。ワイト島の南部にはこのような崖が延びる。
20111116Wight_StMaryCh_590px.jpg 図4 ワイト島の歴史遺産 英国国教会の「St.Mary's Church」。ワイト島中央部Carisbrookeに位置する。ノルマンコンクエスト後の1150年に建設された。

 リゾート地として著名なワイト島、どのように再生可能エネルギーを広めていくのだろうか。何を目指すのだろうか。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.