ニュース
» 2011年12月20日 10時40分 UPDATE

スマートグリッド:国内最大のメガソーラーが川崎に完成、出力13MW

東京電力によるメガソーラー設置が相次いでいる。2011年8月の浮島(川崎市)に続き、12月には扇島(川崎市)、2012年1月には米倉山(甲府市)で発電を開始する。

[畑陽一郎,@IT MONOist]
国内最大のメガソーラーが川崎に完成、出力13MW 初日の発電実績

 メガソーラーの勢いが止まらない。川崎市と東京電力は、2011年12月19日、国内最大規模となる「扇島太陽光発電所」(川崎市川崎区)の運転を開始したと発表した(図1)。最大出力13MW(1万3000kW)は、関西電力の「堺太陽光発電所」(堺市西区)の10MWを上回り、国内最大である。

 東京電力は2011年8月に「浮島太陽光発電所」(川崎市川崎区、最大出力7MW)の稼働を開始しており、川崎区だけで出力20MWに達した。年間発電量は、約2110万kWhを見込む。これは一般家庭約6000軒に相当する。

20111220Ougishima_590px.jpg 図1 東京電力の扇島太陽光発電所 東京電力が所有する東京湾に面した約23haの敷地に建設した。発電所内部で降圧し、外部には400Vで供給している。出典:東京電力

 メガソーラー建設は日立製作所が受注し、2010年4月に着工。京セラの結晶Si(シリコン)太陽電池モジュールを6万3792枚敷き詰めた。なお、図1にあるように、架台の設置角度は出力が最大となる30度ではなく10度にとどめた。「アレイが受ける風荷重を小さくする効果がある」(東京電力)。風荷重を小さくすると架台の材料コスト、設置コストを低く抑えることができるためだ。

 毎日の発電量を東京電力のWebページから閲覧可能だ(図2)。

20111220Ougishima_graph_590px.jpg 図2 初日の発電の様子 発電電力は5分間隔で更新、発電電力量は1時間ごとに更新する。日没(16時30分)後であるため、17時5分時点の発電電力は0になっている。予想年間発電量(約1370万kWh)と比較すると、12月19日の発電量は平均以上である。出典:東京電力

山梨県でもメガソーラー

 なお、東京電力は山梨県と共同で、同社の第3のメガソーラーである「米倉山太陽光発電所」(甲府市)を建設中である(図3)。最大出力は10MW。2012年1月に運転開始を予定している。

20111220Ougishima_komekurayama_590px.jpg 図3 米倉山太陽光発電所の建設風景 「つ」の字形に広がる区画ごとに太陽電池モジュールを設置している。出典:山梨県

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.