ニュース
» 2012年01月10日 20時50分 UPDATE

電気自動車:「ザ・ビートル」がEVに変身、フォルクスワーゲンが公開

ドイツVolkswagenは、デトロイトで開催中の「北米国際自動車ショー2012」において、EV化した「ザ・ビートル」、「E-Bugster」を公開した。スポーツカーのようなプロポーションを備えた2シーターである。

[畑陽一郎,@IT MONOist]
「ザ・ビートル」がEVに変身、フォルクスワーゲンが公開 VWの「E-Bugster」

 ドイツVolkswagenは、米国ミシガン州デトロイトで開催中の「North American International Auto Show 2012」(北米国際自動車ショー2012、2012年1月9〜22日、現地時間)において「ザ・ビートル」ベースのEV「E-Bugster」(Eバグスター)コンセプトを公開した(図1)。世界初公開である。


20120110E-Bugster2_590px.jpg
20120110E-Bugster_590px.jpg 図1 Volkswagenの「E-Bugster」 名称の由来は、Electric+Bug(米国におけるbeetleのニックネーム)+speedster(オープントップの2シーターの通称)。全長4278mm×全幅1838mm×全高1400mm。出典:ドイツVolkswagen

 1充電当たりの走行距離は180km、ブレーキ回生システムを利用できる。リチウムイオン二次電池(バッテリー)の容量は28.3kWh。30分で電池容量の80%まで充電できる急速充電にも対応する。

 最高出力85kWのモーターを搭載し、停止状態から10.9秒で時速100kmまで加速できる。

 なお、トランクフロアの下部に設置したリチウムイオン二次電池モジュールの重量は315kg。モーターの重量は80kg。

ハイブリッド車も公開

 同社はこの他、ハイブリッド車(HV)「Jetta Hybrid」も公開した(図2)。最高出力110kWの1.4TSIエンジンと最高出力20kWのモーターを搭載する。純粋なEVとしても機能し、時速70kmで2kmのEV走行が可能。

20120110Jetta_590px.jpg 図2 Volkswagenのハイブリッド車「Jetta Hybrid」 パワートレーンを示したところ。出典:Volkswagen

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.