ニュース
» 2012年01月11日 00時00分 UPDATE

電子黒板機能付き超短投写プロジェクター:プロジェクターと電子黒板が1台で――ビジネスや教育現場を革新する「CP-AW2519NJ」

日立コンシューマエレクトロニクスは、電子黒板機能を搭載した超短投写プロジェクター「CP-AW2519NJ」を2月上旬に発売する。壁や黒板などの投写できる平面さえあれば、大画面で電子黒板機能を使用できる。

[八木沢篤,@IT MONOist]

 日立コンシューマエレクトロニクスは2012年1月10日、電子黒板機能を搭載したミラー反射型の超短投写プロジェクター「CP-AW2519NJ」を2月上旬に発売すると発表した。同製品は、2011年11月に発表した「CP-AW251NJ」に電子黒板機能を搭載したモデルであり、電子黒板機能付きプロジェクターとして業界最小・最軽量(約4.1kg)を実現しているという(※2012年1月10日現在:日立調べ)。

 電子黒板機能とは、付属のインタラクティブペンを用いることで、プロジェクターから投写した画面上に、直接文字や図形を手書きで入力できたり、そのままPCの操作や変更を加えた画面をPCに保存できたりする機能のことをいう。専用のボード(スクリーン)がなくても、壁や黒板などの投写できる平面さえあれば、大画面で電子黒板機能を使用できるのが同製品の特長だ(スクリーンから本体前面まで約26cmで80型の大画面投写が可能)。なお、この電子黒板機能を実現するソフトウェアとして、日立ソリューションズの「StarBoard Software」が採用されている。

CP-AW2519NJ (左)「CP-AW2519NJ」、(中央)「インタラクティブペン」、(右)使用イメージ

 オプションで専用金具や机上投写スタンドも用意されており、目的や環境に合わせて壁面、卓上(据え置き)、机上縦置きの設置方法を自由に選択できる。ちなみに、机上投写スタンドと組み合わせることで、机上への60型の映像投写を実現できるという。

設置方法を自由に選択できる 設置方法を自由に選択できる

 本体に大音量10Wスピーカーとマイク端子、HDMI端子などを搭載する他、複数台のプロジェクターを一括管理できる「ネットワーク機能」、画面の歪み(ひずみ)補整を簡単に行える「コーナーフィット機能」、頻繁なフィルター清掃が不要な日立独自の「ハイブリッドフィルター」、リモコン・本体操作パネルの日本語表記など、使いやすさを追求した機能も搭載されている。

 スマートフォンに代表されるように、画面を直接タッチして操作するUIが当たり前になりつつある。こうした流れは、ビジネスや教育現場でも進んでおり、日立では海外に続き国内でも電子黒板機能付きプロジェクターのカテゴリーを提案し、展開していくという。

教育現場での使用イメージ 教育現場での使用イメージ

次世代エンベデッド コーナー

次世代エンベデッドコーナー

>>コーナーTOPはこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.