ニュース
» 2012年01月20日 17時48分 UPDATE

革新的なインタフェースの提供を目指す:スマホと車載機器をつなぐ「MirrorLink」対応システムを開発、仏ヴァレオ

自動車部品サプライヤである仏ヴァレオは、スマートフォンと車載機器との連携に関する規格「MirrorLink」に対応した技術開発を進めていると発表した。

[八木沢篤,@IT MONOist]

 自動車部品サプライヤである仏ヴァレオは2012年1月17日(フランス時間)、スマートフォンと車載機器との連携に関する規格「MirrorLink」に対応した技術開発を進めていると発表した。

 MirrorLinkに対応したスマートフォンと車載機器であれば、双方向での通信が可能となる。例えば、自動車のダッシュボードから自分のスマートフォンの機能およびアプリケーションにアクセスしたり、スマートフォンから車載コンソール、ディスプレイ、サウンドシステムなどの機能を操作したりできる。


イメージ1 「MirrorLink」規格対応のスマートフォンと車載機器の連携イメージ(1)(出典:ヴァレオジャパン)

 同社は、スマートフォンと車載機器のインタフェース設計に、ノキアのUI・アプリケーション開発フレームワーク「Qt」を使用。ユーザー向けのさまざまなインタフェース機能のうち、主にスマートフォンのサービスとダッシュボードとの接続・連携機能を積極的に開発しているという。これにより、ユーザーは、スマートフォンに搭載されている通話、ナビゲーション、音楽、インターネットラジオ、天気予報、リアルタイム交通情報などのアプリケーションや機能を、車載ディスプレイとサウンドシステム側からスムーズに使用できるようになるとしている。


イメージ2 「MirrorLink」規格対応のスマートフォンと車載機器の連携イメージ(2)(出典:ヴァレオジャパン)

 同社は、マルチプラットフォームでの展開が容易なQtを用い、ユーザーがスマートフォンと車載機器のサービスをダイナミックかつスムーズに操作できる革新的なインタフェースの提供を目指すとしている。

 なお、同社は自動車関連企業および携帯端末メーカーなどが中心となり、MirrorLinkの仕様策定や標準化を進めている「Car Connectivity Consortium」に、コアメンバーとして加盟している。

車載ソフト/車載システム開発 コーナー

車載ソフト/車載システム開発コーナー

>>コーナーTOPはこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.