ニュース
» 2012年01月30日 21時20分 UPDATE

スマートグリッド:三洋からパナソニックにブランド変わった「HIT太陽電池」、3月に最高効率品が登場

パナソニックは住宅用太陽光発電システム「HITシリーズ」のモジュール変換効率を18.7%に高めた。2012年3月8日から、SiCパワーコンディショナなどとともに受注を開始する。

[畑陽一郎,@IT MONOist]
「HIT太陽電池」の効率向上、パナソニックが製品化 「エネルギーモニタ」

 パナソニックは、住宅用太陽光発電システム「HITシリーズ」の太陽電池モジュール変換効率を18.7%に高めた「パナソニック 住宅用太陽光発電システム HIT240シリーズ」を開発し、2012年3月8日から受注を開始すると発表した(図1)。モジュールの価格は、18万2700円(税込み、工事費別)。

 HIT太陽電池としては最も変換効率が高い。パナソニックによれば、大阪市に設置した場合、システム容量1kWあたりの年間発電量は1169kWhに達するという。

20120130HIT_module_590px.jpg 図1 「HIT240シリーズ」 最大出力240W、モジュール変換効率は18.7%。寸法は1580mm×812mm×35mm、重量は15kg。同時に「HIT233シリーズ」の受注も開始する。変換効率は18.2%、外観や寸法、重量はHIT240シリーズと同じ。価格は15万2250円。出典:パナソニック

 HIT太陽電池は、三洋電機が開発したSi(シリコン)系太陽電池。n型単結晶Siの上下に10nm以下と非常に薄いアモルファスSi層(それぞれi型層とp型層)を形成した構造に特長がある。単結晶Si太陽電池よりも高温時の特性低下が少ないことが利点だ(関連記事:三洋HITの開発と20年前のGENESIS計画)。今回、変換効率を高めるために、単結晶SiとアモルファスSiの界面の構造を最適化したという。

 太陽電池の出力する直流電流を交流電流に変換するパワーコンディショナーも一新した。SiC(炭化ケイ素)ショットキーダイオードを採用した「集中型パワーコンディショナー 2.7kWタイプ」(図2)は電力変換効率が95.5%であり、これは同時に受注を開始したSiダイオードを用いた3品種の95%を上回る。

20120130HIT_pconditioner_590px.jpg 図2 「パワーコンディショナ 2.7kWタイプ」 定格出力2.7kW、価格は23万1000円。出典:パナソニック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.