ニュース
» 2012年02月02日 00時00分 UPDATE

電子ブックレット(組み込み開発):月面レースに挑む研究者、東北大・吉田教授

【次世代エンベデッド EXPO 2012】開催直前記念・特別ブックレット――。「宇宙開発」というと、国や大企業だけのものと思っていないだろうか。答えは「ノー」だ。数トンにもなる大型衛星ならともかく、最近の「超小型衛星」と呼ばれる新しいタイプの衛星は、大学やベンチャーによるものが多く、既に何機もが宇宙に飛び立っている。その最前線で活躍中の東北大学・吉田和哉教授に、宇宙ロボットの最新状況を聞いた。

[@IT MONOist]
エンジニア電子ブックレット

再検証「ロボット大国・日本」特別版 ―月面レースに挑む研究者、東北大・吉田教授―

 アイティメディアがモノづくり分野の読者向けに提供する「@IT MONOist」「EE Times Japan」「EDN Japan」に掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。本日は@IT MONOist 組み込み開発フォーラムの人気連載「再検証『ロボット大国・日本』」の中から厳選した特別コンテンツをお届けします。

 今回のブックレットでは、アイティメディアが2012年2月14日〜3月6日まで開催するバーチャルイベント「次世代エンベデッド EXPO」のキーノート、『再検証「ロボット大国・日本」特別対談 東北大学:吉田和哉教授に聞く 〜超小型衛星/月面ローバー開発・秘話〜』でご登場いただく、東北大学 吉田和哉教授へのインタビュー(2011年8月2、16日に掲載した記事)をまとめたものです。バーチャルイベントのキーノートでは、このブックレットの中では語られなかった開発秘話や苦労話が楽しめます! この機会に併せてご登録ください(来場登録はコチラ)。



再検証「ロボット大国・日本」特別版 ―月面レースに挑む研究者、東北大・吉田教授―

アイコン

「宇宙開発」というと、国(宇宙航空研究開発機構:JAXA)や大企業だけのものと思っていないだろうか。答えは「ノー」だ。数トンにもなる大型衛星ならともかく、最近の「超小型衛星」と呼ばれる新しいタイプの衛星は、大学やベンチャーによるものが多く、既に何機もが宇宙に飛び立っている。その最前線で活躍中の東北大学・吉田和哉教授に、宇宙ロボットの最新状況を聞いた。


電子ブックレットのダウンロードはこちら→再検証「ロボット大国・日本」特別版


次世代エンベデッド EXPO 2012

・電子ブックレットはPDFファイルで作成されています。
・電子ブックレットは無償でのご提供となりますが、アイティメディアIDへの登録が必要となります。登録ユーザーではない場合や、登録済みのプロファイルに一部不足がある場合などは、ダウンロードリンクをクリックすると登録画面へジャンプします。
・電子ブックレット内の記事は、基本的に記事掲載時点の情報で記述されています。そのため一部時制や固有名詞などが現状にそぐわない可能性がございますので、ご了承ください。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.