ニュース
» 2012年02月07日 19時17分 UPDATE

海洋観測研究や津波関連研究などで連携:環境問題や防災対応に貢献――JAXAとJAMSTECが海洋・宇宙連携で協力協定を締結

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と海洋研究開発機構(JAMSTEC)は、海洋・宇宙開発分野の進展を目指し、連携協力協定を締結した。これまで行ってきた連携協力をより一層強化する構えだ。

[八木沢篤,@IT MONOist]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)と海洋研究開発機構(JAMSTEC)は2012年2月6日、海洋・宇宙開発分野のより一層の進展を目指し、連携協力協定を締結した。

 これまでも両機構は、地球規模の変動現象の解明・予測を目指す「地球フロンティア研究システム」の共同運営や、気候や地殻変動メカニズムをシミュレーションする「地球シミュレータ」の共同開発など、地球環境分野をはじめとする協力関係を築いてきた。

 今回の連携協力協定では、相互の研究開発能力・人材などを生かし、これまで行ってきた地球環境分野や通信技術分野における連携協力をより一層進める他、防災・宇宙輸送などの新たな分野も含めた共同研究や、データの相互利用、広報、青少年への教育、普及啓発など、さまざまな活動を積極的に進めていくことを目的とする。

 将来的に見込まれる具体的な共同研究テーマとしては、JAXAの各種人工衛星やJAMSTECの船舶などが取得した観測データに基づき、両機構が連携して行う海洋観測研究や津波関連研究などが挙げられる。また、気象モデルを用いたロケット打上げ時の天候予測の研究も考えられるという。

 今回の連携協力協定の締結が、両機構のより積極的な交流を生み、日本の科学技術・学術研究の発展に大きく貢献するだろうとしている。そして、海洋・宇宙連携のより一層の進展が地球環境問題や防災などの課題対応に寄与するだろうという。

締結式の様子 締結式の様子。JAMSTECの加藤康宏理事長(中央左)、JAXAの立川敬二理事長(中央右) ※出典:JAXA プレスリリース

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.