ニュース
» 2012年02月10日 13時07分 UPDATE

製造ITニュース:丸紅情報システムズがアジア向け設計・製造支援システム販売を本格展開

日本企業のアジア拠点をターゲットに、設計システム提供企業もアジア展開を本格化。主要地域で設計システムについても日本同等のサービスを受けられる体制を整える。

[原田美穂,@IT MONOist]

 丸紅情報システムズ(MSYS)は2012年2月10日、東南アジアおよび中国に拠点を置く製造業向けCAD/CAMシステム、3次元プリンタの販売・サポートサービスを展開することを発表した。既存国内顧客企業の海外移転増加に伴うアジア地域でのニーズ増加に対応したもの。シンガポール、タイ、上海に専任技術者を常駐させる。

 MSYSでは既に各地に拠点を持っていたが、主に電機・半導体製造メーカー向けのニーズに対応したものだった。今回の発表は、これらに加えて機械加工系の企業へのニーズに対応していくものとなる。

 システム販売および技術サポートサービス提供エリアはシンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、中国。

 具体的には、ストラタシス社製品3次元造形装置および3次元プリンタ、独テビス社製CAD/CAMソフトウェア、独ジーオーエム社製計測・検査システム、韓国エヌシービー社製加工プログラム最適化ソフトウェアなどの製品について、日本国内と同様のサポートを受けられるようになる。

 これにより、同社顧客の国内企業が海外に拠点を置いた場合であっても、現地販売会社を経由することなく、直接同社で対応が可能になる。

 MSYSでは、当面は既存日系企業を対象としていくが、2014年をめどに現地企業への販売も進めるとしている。

 各地の拠点、所在地は次の通り。

地域 名称 所在地
シンガポール Marubeni Information Systems(S) 18 Tannery Lane, #06-02, Lian Tong Bldg., Singapore 347780
タイ Marubeni Software & Technology(Thailand) 11th Floor, Sindhorn Tower 2 Bldg,130-132 Wittayu Rd, Lumpini, Patumwan, Bangkok, 10330 Thailand
中国 丸鵬電子貿易(上海) Room No.2603B Ascendas Plaza, 333 Tian Yao Qiao Road, Xu JiaHui, Shanghai, China


世界同時開発を推進するには?:「グローバル設計・開発コーナー」

世界市場を見据えたモノづくりを推進するには、エンジニアリングチェーン改革が必須。世界同時開発を実現するモノづくり方法論の解説記事を「グローバル設計・開発」コーナーに集約しています。併せてご参照ください。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.