ニュース
» 2012年02月23日 11時55分 UPDATE

オーディオミドルウェア採用事例:2300以上のゲームタイトルに採用された技術が最新リニアPCMレコーダーで生きる!

CRI・ミドルウェアは、オリンパスイメージングのマルチトラック対応リニアPCMレコーダー「LS-100」に同社のオーディオミドルウェア「CRI ADX2」をベースとしたリアルタイム音声処理技術やノウハウが採用されたことを発表した。

[八木沢篤,@IT MONOist]

 CRI・ミドルウェアは2012年2月23日、オリンパスイメージングのマルチトラック対応リニアPCMレコーダー「LS-100」(2月17日発売/オープン価格)に同社のリアルタイム音声処理技術が採用されたことを発表した。

 LS-100は、オリンパスイメージングのリニアPCMレコーダー「LSシリーズ」の最新機種で、音楽制作を可能にしたハイエンドモデルである。最大8トラックの同時再生・編集が可能なマルチトラック録音に対応し、楽器やボーカルを個別に録音し編集することで、楽曲制作も簡単に行うことができる。さらに、LS-100と外付けCDドライブをUSB接続することで、PCを使わずに本体から録音ファイル(WAV形式)を書き出せるオーディオCD出力機能などを備える手のひらサイズのマルチトラックレコーダーだ。

オリンパスイメージングのマルチトラック対応リニアPCMレコーダー「LS-100」 オリンパスイメージングのマルチトラック対応リニアPCMレコーダー「LS-100」

 同社は今回、LS-100が備える「再生速度変更」「チューナー」「メトロノーム」「キーシフト」機能を実現するため、2300以上のゲームタイトルで採用実績のあるオーディオミドルウェア「CRI ADX2」をベースとしたリアルタイム音声処理技術やノウハウを提供している。

再生速度変更チューナー (左)再生速度変更:録音したサウンド・音声データを、音程を変えずに2分の1〜4倍まで再生速度をリアルタイムに変更可能/(右)チューナー:マイクから入力された音の周波数(音階)を高精度で検出。ギターやベースだけでなく、あらゆる楽器の周波数に対応

メトロノームキーシフト (左)メトロノーム:40〜208bpmの範囲で、リアルタイムにメトロノームのテンポを生成。音色の変更も可能/(右)キーシフト:マルチトラックモードで録音したサウンドデータを、再生速度を変えずに音程を±6の範囲でリアルタイムに変更可能

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.