連載
» 2012年03月01日 10時45分 UPDATE

Android技術者認定試験「ACE」ドリル(10):Androidアプリ開発で役立つマルチメディアとテストの知識 (1/2)

今回の演習は、リッチコンテンツを取り扱うようなアプリの開発に必須の「マルチメディア」と、単体テストを自動化でき品質向上の助けとなるJUnitに関する「テスト」の知識についてだ。

[奥 崇(elan),@IT MONOist]

 連載「Android技術者認定試験『ACE』ドリル」の第10回では、「マルチメディア」と「テスト」を取り上げます。

 マルチメディアでは、主に“オーディオ”と“ビデオ”について取り扱います。リッチなコンテンツを取り扱うアプリケーションを作るには必須項目といえます。一方のテストは、Android用に拡張された「JUnit」フレームワークについて説明します。JUnitを開発に用いると、単体テストを自動化できるため、品質向上の大きな助けとなります。また、昨今のプロジェクトでは、正式な納品物としてJUnitを用いた単体テストコードが指定されるケースもあります。

 このように全く内容が異なるマルチメディアとテストですが、どちらも“実際の開発現場でとても重要なもの”であるといえます。ぜひ今回の内容で理解を深めてください。

 「ACE(OESF Authorized Certification Engineer for Android)」対策としては……、と前置きがこれ以上長くなりそうなので、早速演習に入りましょう!

今回の演習問題

演習1:オーディオ

演習1 「android.media」パッケージに存在するクラスとして、誤っているものはどれか? 選択してください。

(1)MediaPlayer

(2)MediaRecorder

(3)AudioManager

(4)MediaManager



演習2:ビデオ

演習2 Androidでサポートされているビデオフォーマットとして、誤っているものはどれか? 選択してください。

(1)H.264/AVC

(2)MPEG-4 SP

(3)H.265

(4)H.263



演習3:JUnitフレームワーク

演習3 Androidに用意されているテストフレームワークの説明として、誤っているものはどれか? 選択してください。

(1)「android.test」パッケージに用意されている

(2)ServiceTestCaseクラスでServiceのテストができる

(3)通常、対象アプリケーションのプロジェクトにテストコードを記載する

(4)JUnit3をベースに、Android用にカスタマイズされている



       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.