ニュース
» 2012年03月16日 21時40分 UPDATE

共同生産ラインが稼働:トヨタ「86(ハチロク)」 作るのは誰?

「TOYOTA 86」があのサイズなのには理由があった! 理由は生産者にある。

[原田美穂,@IT MONOist]

 トヨタ自動車と富士重工業は、共同開発車「SUBARU BRZ」「TOYOTA 86」の本格量産を開始した。生産は富士重工業の群馬製作所本工場(群馬県太田市)で行われる。生産能力は両車合わせて初年度で10万台を計画している。

 富士重工業は2005年10月にトヨタ自動車との業務提携に基本合意、2008年4月から両社共同でFR車の開発を開始していた。製品企画およびデザインをトヨタ自動車が担当し、開発と生産は富士重工業が中心となっている。エンジンは富士重工業の水平対向エンジンを採用している。プラットフォームは両車両共通の専用プラットフォームを採用している。両車両とも全長4240mm×全幅1775mm×全高1300mm、ホイールベースが2570mmと共通のサイズとなっており、共通のラインでの生産に適した設計になっているとみられる。

 富士重工業とトヨタ自動車、ダイハツ工業の3社は共同で日本国内の車両製造体制の再構築を進めている。今回の車両生産に向け、群馬製作所大泉工場の隣接地に完成車組み立て工場を新設した。2011年末からの稼働を目指していたが、2012年3月16日にラインオフ式となった。富士重工業はこの2008年4月の業務提携を機に販売網の再編も進めており、事業構造全体の改革を行ってきた。国内の製造拠点での協業だけでなく北米では2011年9月からトヨタ自動車「カムリ」の生産受託も行っている。

群馬製作所本工場の生産ライン 群馬製作所本工場の生産ライン(提供:富士重工業)
ラインオフ式の様子(提供:富士重工業) ラインオフ式の様子「SUBARU BRZ」「TOYOTA 86」(提供:富士重工業)

関連ホワイトペーパー

生産管理 | 製造業


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.