連載
» 2012年04月03日 10時52分 UPDATE

Android技術者認定試験「ACE」ドリル(11):Androidアプリケーションの管理と配布 (1/2)

開発したアプリケーションを「Google Play」に登録し、全世界に向けてリリースできるのがAndroidの大きな魅力の1つだ。今回は、Androidアプリケーションの管理と配布の知識について問う。

[奥 崇(elan),@IT MONOist]

 連載「Android技術者認定試験『ACE』ドリル」の第11回では、「アプリケーション管理」と「アプリケーション配布」を取り上げます。

 突然ですが、皆さん、Androidアプリケーションを開発し、「Google Play(旧:Android Market)」に公開したことがありますか? せっかくAndroidアプリケーションを作成したのなら、やはり自分が使うだけではなく、多くの人に使ってもらいたいですよね。その際に必要となるのが、今回紹介するアプリケーション管理とアプリケーション配布の知識です。

 自分の力でアプリケーションをリリースし、世界中に公開することができるのは、Androidの大きな魅力の1つです。これを機に、アプリケーションの管理と配布の知識を身に付けて、あなたが作成したオリジナルのアプリケーションを世界に発信してみてはいかがでしょうか。

 また、アプリケーションの管理と配布は、「ACE(OESF Authorized Certification Engineer for Android)」対策としては重要度が“1”と低い単元なのですが、知っていれば簡単に解ける問題が比較的多く出題されます。こうした“おいしい”問題を取りこぼさないためにも、この機会に覚えてしまいましょう。それでは早速、演習に入ります!

今回の演習問題

演習1:アプリケーション管理(1)

演習1 「AndroidManifest.xml」内に記述する<manifest>タグの「android:versionName」属性の説明として正しいものはどれか? 選択してください。

(1)ユーザーが確認可能なバージョンであり、任意の文字列を指定できる

(2)ユーザーが確認可能なバージョンであり、整数で指定できる

(3)アプリケーション内部でのバージョン管理に用いられるものであり、任意の文字列を指定できる

(4)アプリケーション内部でのバージョン管理に用いられるものであり、整数で指定できる



演習2:アプリケーション管理(2)

演習2 アプリケーションの署名に必要なプライベートキーを作成するツールは、以下のうちどれか? 正しいものを選択してください。

(1)jarsigner

(2)keytool

(3)keymaker

(4)adb



演習3:アプリケーション配布

演習3 Androidアプリケーションに署名することで、直接的に得られる利点はどれか? 正しいものを選択してください。

(1)世界中に配信可能となる

(2)作成者の識別ができる

(3)ウイルス対策になる

(4)有料アプリケーションとして配布できる



       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.