ニュース
» 2012年04月19日 12時12分 UPDATE

組み込みシステムの知識が不要に!?:Simulinkモデルを「Arduino」「Beagle Board」「LEGO Mindstorms NXT」で直接実行

The MathWorksは、教育現場などで広く用いられている「Arduino」「Beagle Board」「LEGO Mindstorms NXT」の3つのハードウェアプラットフォームで、Simulinkモデルを直接実行できるようになったことを発表した。

[八木沢篤,@IT MONOist]

 The MathWorksは2012年4月18日(米国時間)、「Arduino」「Beagle Board」「LEGO Mindstorms NXT」の3つのハードウェアプラットフォームで、Simulinkモデルをスタンドアロン、もしくは接続したPCとともに直接実行できるようになったことを発表した。

 これらハードウェアプラットフォームは、ロボット工学、メカトロニクス、オーディオ信号処理、コンピュータビジョンなどの工学アプリケーションの実習教材として広く用いられているもの。今回の発表を受け、サイモンフレーザー大学(SFU:Simon Fraser University) 教授/Director of Mechatronic Systems EngineeringのFarid Golnaraghi博士は、「これからは組み込みシステムについての知識がなくても、アルゴリズムをハードウェア上で簡単にテストして調整できるようになる」(プレスリリースより抜粋)とコメントしている。

「Arduino」「Beagle Board」「LEGO Mindstorms NXT」の3つのハードウェアプラットフォームでSimulinkモデルを直接実行できるようになった 参考画像 「Arduino」「Beagle Board」「LEGO Mindstorms NXT」の3つのハードウェアプラットフォームでSimulinkモデルを直接実行できるようになった(出典:The MathWorks)

 以下、今回Simulinkでサポートされたハードウェアプラットフォームを示す。

ハードウェアプラットフォーム 主な目的
Arduino Uno 
Arduino MEGA 2560
ロボット工学、メカトロニクスおよびハードウェア接続に関する作業
BeagleBoard-xM オーディオ、ビデオおよびデジタル信号処理
LEGO Mindstorms NXT ロボット工学アプリケーション
表 Simulinkがサポートするハードウェアプラットフォームについて

 なお、Simulinkでのハードウェアサポートは、MATLAB&Simulink Student Versionを含む「MathWorks Release 2012a」で提供される。

組み込みモデリング コーナー

組み込みモデリング コーナー

>>コーナーTOPはこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.