ニュース
» 2012年04月20日 15時53分 UPDATE

導入事例/液晶ディスプレイ:ボーイング787のコックピット用ディスプレイにAQUOSの技術が生きる

シャープは、同社の液晶ディスプレイが「ボーイング787」のコックピット用ディスプレイに採用されたことを発表。液晶テレビAQUOSシリーズで培った表示技術「ASV」を初めて搭載した航空機専用ディスプレイだという。

[八木沢篤,@IT MONOist]

 シャープは2012年4月20日、同社の液晶ディスプレイが「ボーイング787(通称:ドリームライナー)」のコックピット用ディスプレイに採用されたことを発表した。コックピットに設置されるディスプレイは、正操縦士側に2台、副操縦士側に2台、センターに1台の合計5台である。

 今回採用された液晶ディスプレイは、同社の液晶テレビAQUOSシリーズで培った表示技術「ASV(Advanced Super View)」を初めて搭載した航空機専用ディスプレイであるという。高コントラスト、広視野角、高色度など優れた光学特性が特長であり、左右に位置する正操縦士と副操縦士がそれぞれ同時に飛行情報などを確認できる。また、航空機に搭載されるため、温度・気圧の変化、振動・衝撃などに対する耐久性も備わっているとのこと。

 同社は、1991年より航空電子サプライヤーの米ロックウェル・コリンズ社を通じて、航空機のコックピット用ディスプレイの納入を開始。このたび、米ボーイング社の最新鋭航空機「787」にも採用されることとなった。

 以下、ボーイング787に採用された航空機専用ディスプレイの仕様を示す。

表示サイズ 306.6mm×229.95mm
表示ドット 1400×1050ドット
搭載台数 5台(1機当たり)
カラー表示数 26万2144色
表 ボーイング787に採用された航空機専用ディスプレイの仕様

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.