ニュース
» 2012年05月16日 14時56分 UPDATE

キャパシタじゃありません:デンソーがカーエアコン用コンデンサを薄型化、新型カローラの小型化に貢献

デンソーは、カーエアコンの熱交換器部品であるコンデンサを、従来比で30%薄型化することに成功した。新型「カローラ」に採用されており、同車両の小型化に貢献している。

[朴尚洙,@IT MONOist]

 デンソーは2012年5月15日、カーエアコンの熱交換器部品であるコンデンサの新製品「グローバル・インナーフィン・コンデンサー(GIC)」を開発したと発表した。従来品と比べて、性能や品質を維持しながら、製品の厚みを16mmから11mmに薄型化したことを特徴とする。トヨタ自動車が5月11日に発売した新型「カローラ」(関連記事)に採用されている。今後デンソーは、カローラ以外の車種にもGICを幅広く展開する方針である。

 コンデンサは、カーエアコンの冷凍サイクルにおいて、コンプレッサから送られてきた高温・高圧のガス状冷媒を外気によって冷却し、液化するための熱交換器部品である。さまざまな部品が詰め込まれているエンジンルーム内に設置するため、「小型化のニーズが高まってきていた」(デンソー)という。

 今回発表したGICは、冷媒の熱を放出するチューブと、チューブに取り付けられたフィンを改良することで、性能を維持しながら小型化を実現した。具体的には、チューブの内部を流れる冷媒の熱をフィンに効率的に伝えるために、チューブ内部にあるインナーフィンを高密度化して伝熱面積を従来比で20%増やした。また、インナーフィンの高密度化により生産性が低下しないように新たな加工技術を取り入れて、従来品と同等の速度で量産できるようにした。さらに、冷媒が流れるチューブ内部の容積も従来比で25%広がっている。これにより、チューブ内を流れる冷媒の量が増える場合でも、コンプレッサの消費動力を増やす必要がないという。

「GIC」の製品外観従来品と「GIC」の比較 左の写真は「GIC」の製品外観。円で囲んだ部分は断面の拡大図である。右の写真では、従来品(右)とGICを比較している。

 フィンについては、ルーバーと呼ばれる放熱を促進するための形状を従来品よりも微細化した。単位面積あたりのルーバー枚数が従来比で30%増えており、放熱性能が向上している。この他、コンデンサの材料については、世界各地での調達のしやすさを考慮して、従来よりも生産性の優れたものをサプライヤと共同開発した。

 新型カローラは、セダンタイプの「カローラ アクシオ」で、従来モデルより50mm全長が短くなるなど小型化している。この50mmの小型化は、車両前部に当たるフロントオーバーハングを50mm短くすることで実現している。フロントオーバーハングを短くすると、エンジンルームの容積も小さくなる。エンジンルームに設置されるカーエアコン用コンデンサを従来品よりも5mm薄型化したGICは、新型カローラの小型化に貢献しているといえるだろう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.