ニュース
» 2012年06月08日 18時26分 UPDATE

現役エンジニアが熱血指導:「トントンしてブルブルさせる」――村田製作所、子ども向け電子工作教室を開催

村田製作所は子ども向け「電子工作教室」を2012年7月16日に開催すると発表した。保護者同伴が可能な小学校高学年の児童を対象に、オリジナルの電子工作入門キット「ブルブル星人&トントンリモコン」の製作指導を行う。

[八木沢篤,@IT MONOist]

 村田製作所は2012年6月8日、子ども向け「電子工作教室」を同年7月16日に開催すると発表した。同社は、昨今の子どもの理科離れを背景に、「CSR活動を意識した理科教育の推進」を重点テーマに掲げ、小中学生を対象とした電子工作教室を開催している。今回の取り組みもその一環である。

 小学校高学年の児童と同伴の保護者15組30人を対象に、同社エンジニアが開発したオリジナルの電子工作入門キット「ブルブル星人&トントンリモコン」の工作を行う。参加費用は無料で、工具なども不要(事務局側で用意している)。はんだ付けの必要な部品数は16点ほどあるが、同社エンジニアによるサポートも受けられるので子どもでも安心して参加できるという。

「電子工作教室」の様子 参考 2011年11月23日に村田製作所 東京支社で開催した「電子工作教室」の様子(※出典:村田製作所)

 電子工作入門キットには、“タイヤのない”ロボット「ブルブル星人」(120×100×80mm、80g)と、“ボタンのない”リモコン「トントンリモコン」(70×100×50mm、50g)の2つが含まれる。

 ショックセンサーを搭載したトントンリモコンの側面を指先でタッピングすると、赤外線センサーでブルブル星人に信号が送られる。ブルブル星人の本体裏側には2つのモーターが取り付けられており、リモコンから受信した信号により動作。その振動が針金製の足に伝わり、ぶるぶると本体を震わせながら滑るように走り出す。完成したブルブル星人とトントンリモコンは持ち帰りできる。

「ブルブル星人&トントンリモコン」 電子工作入門キット「ブルブル星人&トントンリモコン」の完成イメージ。ロボット、リモコンともに単四形乾電池2本を使用(※出典:村田製作所)
「ブルブル星人&トントンリモコン」 電子工作入門キット「ブルブル星人&トントンリモコン」の内容。組み立て説明書も付属する(※出典:村田製作所)

 開催日時は、海の日に当たる7月16日、14時30分から17時まで。場所は、横浜ランドマークタワー 19階にある同社関係会社のムラタエレクトロニクス 本社となる。詳しい内容・応募方法は、案内ページで確認してほしい。

公式Webサイトにある「ブルブル星人ギャラリー」 公式Webサイトにある「ブルブル星人ギャラリー」からその一部を掲載。他にも個性的なデザインのブルブル星人がずらり(※出典:村田製作所)

ロボット/ロボット開発 コーナー

ロボット/ロボット開発コーナー
あらゆる技術の集大成といわれる「ロボット」をテーマに、産業、レスキュー、生活支援/介護分野などにおけるロボット開発の実情や、関連する要素技術、研究開発、ロボットコンテスト、ロボットビジネスの最新動向などをお届けする。

>>コーナーTOPはこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.